evesta歌詞検索

夢の橋(山崎ていじ)の歌詞ページです。

夢の橋 歌詞

歌:山崎ていじ

作詞:さわだすずこ

作曲:弦哲也

夢を追いかけて 全て投げ捨てて
夢をつかめずに 一人泣いた夜
雲の切れ間から 光る星ひとつ
ずっと ずっとついてくる
それはやさしい母の顔

暗い夜の海 波が岩を噛む
荒れて暮らしてた 俺を笑うのか
波はどこからか 遥(はる)か打ち寄せて
一人 一人漂えば いつか心はさざ波に

冬の寂しさに 雪も友を待つ
去年(こぞ)の雪さえも じっと耐えるのか
一人立ち止まり 空を見上げれば
やがて やがて来る春に
きっと架(か)かるよ 夢の橋
山崎ていじの人気歌詞
いくじなし

初心(うぶ)な男(あなた)に 死ぬ気で惚 ...

別れのボレロ

朝日が昇る その前に 鍵は置いてね い ...

騙されて

今日も口から 出まかせの 嘘を平気で  ...

幻の小夜曲

思わせぶりに 僕をみつめて 恋に落ちた ...

人情

情けもらって 情けを返す 昔ながらの  ...

男のひとり言

夢の中で 詫びていた お前は笑って う ...

弦の月

俺のつま弾(ひ)く ギターに合わせ 酔 ...