evesta歌詞検索

おゆき(三丘翔太)の歌詞ページです。

おゆき 歌詞

歌:三丘翔太

作詞:関根浩子

作曲:弦哲也

持って生まれた 運命(さだめ)まで
変えることなど 出来ないと
肩に置いた手 ふりきるように
俺の背中に まわって泣いた
あれは… おゆきという女

少しおくれて 歩く癖(くせ)
それを叱(しか)って 抱きよせた
つづく坂道 陽(ひ)の射(さ)す場所に
連れて行(ゆ)きたい このままそっと
あれは… おゆきという女

湯気に浮かんだ 茶柱(ちゃばしら)で
明日(あす)を占(うらな)う 細い指
どこか不幸が とりつきやすい
そんな気がする ほくろがひとつ
あれは… おゆきという女
三丘翔太の人気歌詞
さすらい種次郎

風に吹かれて 西東(にしひがし) あて ...

菜の花通り

山も野風も 黄色に染まる 大きな夕日の ...

虹色の雨

悪い人だと 判っていても 愛してしまえ ...

燈台灯り

馬鹿な男と 笑っておくれ 迎えに来るの ...

散歩道

たんぽぽの花 咲く小径 小さな声で 黄 ...

面影今いずこ

本当は死ぬほど君が 好きだった 何んに ...

長良川艶歌

水にきらめく かがり火は 誰に想いを  ...

心のこり

私(わたし)バカよね おバカさんよね ...

誰か故郷を想わざる

花摘(つ)む野辺(のべ)に 日は落ちて ...

上海帰りのリル

船を見つめていた ハマのキャバレーにい ...

涙の酒

男一途の 火の恋を 何んで涙で けされ ...

あの娘たずねて

花の東京の どまン中 ぐるり廻るは 山 ...

小島通いの郵便船

海をへだてた 二つのこころ 思い通わす ...

ああ上野駅

どこかに故郷の 香りをのせて 入る列車 ...

東京ワルツ

ビルの谷間の 人の波 何処へ流れて 行 ...

天草みれん

ひとりたたずむ 天主堂 面影せつなく  ...

星影の里

どうしているかい 泣いてはないか 日暮 ...