evesta歌詞検索

春雷(米津玄師)の歌詞ページです。

春雷 歌詞

歌:米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま輝いていた
どんな言葉もどんな手振りも足りやしないみたいだ
その日から僕の胸には嵐が 住み着いたまま離れないんだ
人の声を借りた 蒼い眼の落雷だ

揺れながら踊るその髪の黒が 他のどれより嫋やかでした
すっと消えそうな 真っ白い肌によく似合ってました
あなたにはこの世界の彩りが どう見えるのか知りたくて今
頬に手を伸ばした 壊れそうでただ怖かった

全てはあなたの思い通り 悲しくって散らばった思いも全て
あなたがくれたプレゼント
ゆらゆら吹かれて深い惑い 痛み 憂い 恋しい

言葉にするのも 形にするのも そのどれもが覚束なくって
ただ目を見つめた するとあなたはふっと優しく笑ったんだ
嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって
刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ

深い惑い痛み憂い繰り返し いつの間にか春になった
甘い香り残し陰り恋焦がし 深く深く迷い込んだ

花びらが散ればあなたとおさらば それなら僕と踊りませんか
宙を舞う花がどうもあなたみたいで参りました
やがてまた巡りくる春の最中 そこは豊かなひだまりでした
身をやつしてやまない あんな嵐はどこへやら

まだまだ心は帰れない その細い声でどうか騙しておくれ
カラカラに枯れ果てるまで
ふらふら揺られて甘い香り 残し 陰り 幻

聞きたい言葉も 言いたい想いも 笑うくらい山ほどあって
それでもあなたを前にすると 何にも出てはこないなんて
焦げ付く痛みも 刺し込む痺れも 口をつぐんだ恋とわかって
あなたの心に 橋をかける大事な雷雨だと知ったんだ

どうか騙しておくれ 「愛」と笑っておくれ
いつか消える日まで そのままでいて

言葉にするのも 形にするのも そのどれもが覚束なくって
ただ目を見つめた するとあなたはふっと優しく笑ったんだ
嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって
刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ
米津玄師の人気歌詞
感電

逃げ出したい夜の往来 行方は未だ不明 ...

Lemon

夢ならばどれほどよかったでしょう 未だ ...

ドーナツホール

いつからこんなに大きな 思い出せない記憶 ...

カムパネルラ

カムパネルラ 夢を見ていた 君のあとに ...

優しい人

気の毒に生まれて 汚されるあの子を あ ...

メランコリーキッチン

あなたの横顔や髪の色が 静かな机に並ん ...

爱丽丝(アリス)

真っ逆さまに落っこちた ふとした刹那につ ...

砂の惑星(+初音ミク)

何もない砂場飛び交う雷鳴 しょうもない音 ...

馬と鹿

歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩い ...

灰色と青 ( + 菅田将暉)

袖丈が覚束ない夏の終わり 明け方の電車 ...

ピースサイン

いつか僕らの上をスレスレに 通り過ぎて ...

LOSER

いつもどおりの通り独り こんな日々もはや ...

迷える羊

ねえ 生まれてきた日を 思い出せるかい ...

パプリカ

曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆 ...

アイネクライネ

あたしあなたに会えて本当に嬉しいのに ...

カナリヤ

ありふれた毎日が 懐かしくなるほど く ...

ごめんね

バカみたいな夢を 笑わないで聞いてほしい ...

クランベリーとパンケーキ

不意に見かけたブロンズの女神の お臍に煙 ...

ひまわり

悲しくって 蹴飛ばした 地面を強く 跳 ...

海の幽霊

開け放たれた この部屋には誰もいない ...