evesta歌詞検索

飛騨川しぐれ(浜博也)の歌詞ページです。

飛騨川しぐれ 歌詞

歌:浜博也

作詞:仁井谷俊也

作曲:岡千秋

一夜(ひとよ)かぎりの
旅の情けと知りながら
いのち一途に 燃えた女(ひと)
何処にいるのか… 飛騨川しぐれ
滲(にじ)むネオンの 湯の町ゆけば
揺れてせつない 面影よ

別れ惜しんだ
瀬音聞こえるあの宿の
庭に咲いてた 月見草
何処にいるのか… 飛騨川しぐれ
雨のしずくに 責められながら
ひとり飲んでる にがい酒

ひとつふたつと
消えて侘(わ)びしい路地あかり
泣いているよな 三味の音(ね)よ
何処にいるのか… 飛騨川しぐれ
髪の香りと やさしい温(ぬく)み
思いださせる 名残り月
浜博也の人気歌詞
今夜はパートナー

星の流れる夜に めぐり逢ったのさ カウ ...

似た者どうし

宵の口から したたか呑めば 親父の姿が ...

情け雨

後は追わない 約束の 小指からめる ひ ...

盛り場たずねびと

噂の糸を たぐりよせ 追ってきたのさ  ...

雪折れの宿

雪に埋もれる 竹の小径 明日を語れぬ  ...

港に向いた窓

ため息まじりの 霧が流れて 女は今夜も ...

泣きむし蛍

赤いネオンの 水たまり はぐれ蛍が 目 ...

東京泣きぼくろ

泣いているのか まつげ濡らして なぜか ...

愛しい男よ

海鳴り間近な 最果(さいは)ての駅 霧 ...

ドルチェ・ヴィータ

泣いているんだね おまえの肩がふるえて ...

夢あるかぎり

夢あるかぎり 命のかぎり いつまでも ...