evesta歌詞検索

靴の花火(ヨルシカ)の歌詞ページです。

靴の花火 歌詞

歌:ヨルシカ

作詞:n-buna

作曲:n-buna

ねぇ ねぇ
何か言おうにも言葉足らずだ
空いた口が塞がらないから から

ねぇ ねぇ
黙りこくっても言葉要らずだ
目って物を言うから

忘れていくことは虫が食べ始めた結果だ
想い出の中じゃいつも笑ってる顔なだけ

夕暮れた色 空を飛んで
このまま大気さえ飛び出して
真下、次第に小さくなってくのは
君の居た街だ

靴の先に花が咲いた
大きな火の花が咲いた
心ごと残して征こう、だなんて憶う
そんな夏が見えた

ねぇ ねぇ
君を知ろうにもどっちつかずだ
きっと鼻に掛けるから

清々することなんて何にもないけど
今日も空が綺麗だなぁ

僕の食べた物 全てがきっと生への対価だ
今更な僕はヨダカにさえもなれやしない

朝焼けた色 空を舞って
何を願うかなんて愚問だ
大人になって忘れていた
君を映す目が邪魔だ

ずっと下で花が鳴った
大きな火の花が鳴った
音だけでも泣いてしまう、だなんて憶う
そんな夏を聞いた

ねぇ ねぇ
空を飛ぼうにも終わり知らずだ
きっと君を探してしまうから から

夕暮れた色 空を飛んで
この星の今さえ抜け出して
真下、次第に小さくて
消えたのは君の居た街だ

夏の空に花が咲いた
大きな火の花が咲いた
いつまででも泣いていたい、だなんて憶う
そんな夏が消えた
ヨルシカの人気歌詞
花に亡霊

もう忘れてしまったかな 夏の木陰に座っ ...

思想犯

他人に優しいあんたにこの心がわかるものか ...

爆弾魔

死んだ眼で爆弾片手に口を開く さよなら ...

昼鳶

器量、才覚、価値観 骨の髄まで全部妬ま ...

だから僕は音楽を辞めた

考えたってわからないし 青空の下、君を ...

ただ君に晴れ

夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜ ...

春ひさぎ

大丈夫だよ大丈夫 寝てれば何とかなるし ...

花人局

さよならを置いて僕に花もたせ 覚束ぬま ...

言って。

言って あのね、私実は気付いてるの ...

盗作

「音楽の切っ掛けは何だっけ。 父の持つ ...

レプリカント

君は映画をずっと観ている 誰一人もいな ...

心に穴が空いた

小さな穴が空いた この胸の中心に一つ ...

藍二乗

変わらない風景 浅い正午 高架下、藍二 ...

ヒッチコック

「雨の匂いに懐かしくなるのは何でなんでし ...

逃亡

夏の匂いがしてた あぜ道、ひとつ入道雲 ...

雲と幽霊

幽霊になった僕は、明日遠くの君を 見に ...

負け犬にアンコールはいらない

大人になりたくないのに何だか どんどん ...

夜行

ねぇ、このまま夜が来たら、僕らどうなるん ...

八月、某、月明かり

何もいらない 心臓が煩かった 歩く ...

夕凪、某、花惑い

夏になる前にこの胸に散る花火を書いた ...