evesta歌詞検索

やむにやまれず(寺本圭佑)の歌詞ページです。

やむにやまれず 歌詞

歌:寺本圭佑

作詞:朝比奈京仔

作曲:小田純平

やむにやまれず飲む酒を
許して欲しいと言うお前
酒におぼれて眠るよな
女にしたのが俺だから
叱りもできずに 抱き寄せる
外はやらずの 雨しぐれ
男と女で 男と女で やむにやまれず

脱いだドレスを手繰り寄せ
起こさぬように身づくろう
淋しい背中に幸せを
やれない俺を許すなよ
小雨の隙間に 見る夢の
罪の深さも おろかさも
百も承知で 百も承知で やむにやまれず

叱りもできずに 抱き寄せる
外はやらずの 雨しぐれ
男と女で 男と女で やむにやまれず
寺本圭佑の人気歌詞
風の駅舎

急行電車 一本(ひとつ) 見送った 枯 ...

哀しみを燃やして

最初からわかってた いつか別れがくること ...

心の花束

いつまでも いつまでも 二人で歩いてゆ ...

ひとりにしない

少し痩せたね 無理してないか 振り向く ...