evesta歌詞検索

似た者どうし(浜博也)の歌詞ページです。

似た者どうし 歌詞

歌:浜博也

作詞:森坂とも

作曲:桧原さとし

宵の口から したたか呑めば
親父の姿が 目に浮かぶ
田舎ぐらしは ごめんだなんて
いきがる昔が やるせない
男の日の目は 夢の夢
夜にまぎれた カラスが一羽
俺も近頃 わかってきたよ
親父あんたの 酒の味

群れを嫌って はぐれた背中
並べて飲んでる 夜もある
帰る塒と 話せる奴が
あるだけましかと 独り言
いまだに土産も 作れない
夢の苦さが 今さら沁みる
うまくやれない 生き方さえも
親父ゆずりの この俺さ

ふらりと暖簾の 店を出て
夜にまぎれた カラスが一羽
駅へ流れる 人ごみの中
親父贔屓の 酒に酔う
浜博也の人気歌詞
今夜はパートナー

星の流れる夜に めぐり逢ったのさ カウ ...

情け雨

後は追わない 約束の 小指からめる ひ ...

盛り場たずねびと

噂の糸を たぐりよせ 追ってきたのさ  ...

雪折れの宿

雪に埋もれる 竹の小径 明日を語れぬ  ...

港に向いた窓

ため息まじりの 霧が流れて 女は今夜も ...

泣きむし蛍

赤いネオンの 水たまり はぐれ蛍が 目 ...

東京泣きぼくろ

泣いているのか まつげ濡らして なぜか ...

愛しい男よ

海鳴り間近な 最果(さいは)ての駅 霧 ...

ドルチェ・ヴィータ

泣いているんだね おまえの肩がふるえて ...

夢あるかぎり

夢あるかぎり 命のかぎり いつまでも ...