evesta歌詞検索

問わず語り(西崎緑)の歌詞ページです。

問わず語り 歌詞

歌:西崎緑

作詞:たきのえいじ

作曲:田尾将実

どこへ帰るの 何を急ぐの
幸せそうな人の波
こんな日暮れは 淋しいと
思い出ばかり なぞってる

もしも もしもあの頃に
戻れる汽車が あったなら
問わず語りに あなたを浮かべ
問わず語りに 涙ぐむ

ふたり暮らした 部屋はいつでも
あの日のままに しています
秋もすっかり 冬になり
心の中に 月が舞う

どこにいるの ねえあなた
今夜は夢で 逢いに来て
問わず語りに 鏡を見つめ
問わず語りに 紅を引く

もしも もしもあの頃に
戻れる汽車が あったなら
問わず語りに あなたを浮かべ
問わず語りに 涙ぐむ
西崎緑の人気歌詞
偽名

あなたに逢うため あのひとに嘘をつく ...

やさしい夜に

今夜わたしが あなたをふってあげる し ...

旅愁

あなたをさがして 此処まで来たの 恋し ...

紅の糸

夕暮れ時に まわり出す 人恋しさに 糸 ...

哀シテル

運命だと思った 心まで抱かれた あな ...

桜草

人目にふれもせず 咲く花は 誰に思いを ...

春知らず

じれったい… 待つだけ待たして これを ...

如月

ビルの谷間に 昇る月 見れば夜毎(よご ...

如月(きさらぎ)

ビルの谷間に 昇る月 見れば夜毎(よご ...

花咲き染めし

一期一会と 云うけれど 焦がれる事は ...