evesta歌詞検索

雨の街路に夜光蟲(米津玄師)の歌詞ページです。

雨の街路に夜光蟲 歌詞

歌:米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

震えていたのは君の手か僕の手の方か
街のライトが雨に照らされて弾ける夜に

僕らはただ大人になりたくて 背伸びをして
チグハグな言葉を交わしあって 笑いあったんだ
二人でだったら行けるよね 地球の隅っこへ

誰も知らない約束を
交わしあって僕ら歩いて行くんだ
大げさなほどに愛を歌うよ
悲しい歌を塗りつぶすように

曖昧な作りの間違い探しみたいだった
何が間違いで何が正しいかわからない

僕らはただ「これで正しいんだ」と強がったけど
本当はわかってたよ 道の先に何があるのか
何度だって誓い合って今 地球の隅っこへ

誰も知らない約束が
重なった手と手に握られた
馬鹿にされたって愛を歌うよ
君とどこまでも行けるように

さめないでって きえないでって
馬鹿みたいに願っているんだ
どこにだって行けるんだって
ばればれの嘘をついていた

誰も知らない約束を
交わしあって僕ら歩いて行くんだ
大げさなほどに愛を歌うよ
悲しい歌を塗りつぶすように

消えたい時も気持ちいい時も
いつだってそばにいられるように
誰も知らない約束が
強まる雨に流れないように

君とどこまでも行けるように
米津玄師の人気歌詞
感電

逃げ出したい夜の往来 行方は未だ不明 ...

Lemon

夢ならばどれほどよかったでしょう 未だ ...

ドーナツホール

いつからこんなに大きな 思い出せない記憶 ...

カムパネルラ

カムパネルラ 夢を見ていた 君のあとに ...

優しい人

気の毒に生まれて 汚されるあの子を あ ...

メランコリーキッチン

あなたの横顔や髪の色が 静かな机に並ん ...

爱丽丝(アリス)

真っ逆さまに落っこちた ふとした刹那につ ...

砂の惑星(+初音ミク)

何もない砂場飛び交う雷鳴 しょうもない音 ...

馬と鹿

歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩い ...

灰色と青 ( + 菅田将暉)

袖丈が覚束ない夏の終わり 明け方の電車 ...

ピースサイン

いつか僕らの上をスレスレに 通り過ぎて ...

LOSER

いつもどおりの通り独り こんな日々もはや ...

迷える羊

ねえ 生まれてきた日を 思い出せるかい ...

パプリカ

曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆 ...

アイネクライネ

あたしあなたに会えて本当に嬉しいのに ...

カナリヤ

ありふれた毎日が 懐かしくなるほど く ...

ごめんね

バカみたいな夢を 笑わないで聞いてほしい ...

クランベリーとパンケーキ

不意に見かけたブロンズの女神の お臍に煙 ...

ひまわり

悲しくって 蹴飛ばした 地面を強く 跳 ...

海の幽霊

開け放たれた この部屋には誰もいない ...