evesta歌詞検索

旅人電燈(米津玄師)の歌詞ページです。

旅人電燈 歌詞

歌:米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

ぼくは古い電燈 砂漠の真ん中でひとり
空に穴が開いて 灯りが漏れる夜

凍えた砂の上 墓標の立ち並ぶ場所で
息を吸い込んだ 肺いっぱい吸い込んだ

「誰か 誰か ぼくを 探して おくれ
寂しい 夜を ひとつ 切り取って おくれ
遠く 遠く 地の果て まで 届く ように ぼくは
照らして いるから いつでも」

ぼくは古い電燈 埃に塗れてはひとり
枯れた井戸の縁に 見知らぬ首飾り

いつのまにかここは 都市から砂漠へと変わり
あんなに賑わった 遠い過去も幻

「誰か 誰か ぼくを 見つけて おくれ
青い 青い 海へ 連れてって おくれ
甘い 匂いを 振り払い 続ける ため ぼくは
灯って いるから いつでも」

見つめてるよ ぼくは今も
地球の上で光る星だ
誰も ぼくを 知らなくとも
まだ見ぬあなたのために光る

見つめてるよ ぼくは今も
闇の中生きる電燈だ
消せない 傷も 消えないまま
灯りは旅立ち歌を歌う

見つめてるよ ぼくは今も
地球の上で光る星だ
誰も ぼくを 知らなくとも
まだ見ぬあなたのために光る

あなたに会いたいな
米津玄師の人気歌詞
感電

逃げ出したい夜の往来 行方は未だ不明 ...

Lemon

夢ならばどれほどよかったでしょう 未だ ...

ドーナツホール

いつからこんなに大きな 思い出せない記憶 ...

カムパネルラ

カムパネルラ 夢を見ていた 君のあとに ...

優しい人

気の毒に生まれて 汚されるあの子を あ ...

メランコリーキッチン

あなたの横顔や髪の色が 静かな机に並ん ...

爱丽丝(アリス)

真っ逆さまに落っこちた ふとした刹那につ ...

砂の惑星(+初音ミク)

何もない砂場飛び交う雷鳴 しょうもない音 ...

馬と鹿

歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩い ...

灰色と青 ( + 菅田将暉)

袖丈が覚束ない夏の終わり 明け方の電車 ...

ピースサイン

いつか僕らの上をスレスレに 通り過ぎて ...

LOSER

いつもどおりの通り独り こんな日々もはや ...

迷える羊

ねえ 生まれてきた日を 思い出せるかい ...

パプリカ

曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆 ...

アイネクライネ

あたしあなたに会えて本当に嬉しいのに ...

カナリヤ

ありふれた毎日が 懐かしくなるほど く ...

ごめんね

バカみたいな夢を 笑わないで聞いてほしい ...

クランベリーとパンケーキ

不意に見かけたブロンズの女神の お臍に煙 ...

ひまわり

悲しくって 蹴飛ばした 地面を強く 跳 ...

海の幽霊

開け放たれた この部屋には誰もいない ...