evesta歌詞検索

ネプトリュード(Class::NEPTLUDE=>extends.TX_CLUSTERS/.)(霜月はるか)の歌詞ページです。

ネプトリュード(Class::NEPTLUDE=>extends.TX_CLUSTERS/.) 歌詞

歌:霜月はるか

作詞:日山尚

作曲:霜月はるか

Quell->{
EX[rala]->EX[swit]->{hymi};
EX[lic]->{hymi f iyon & ih}
=>EX[etr]->{iyon f hymi f grav syec};
}->ExeC->{DW};

iyon-ne-eq nami-nu-ric iyon mou-n

iyon an-mou-n nami-nu tes-nz,

何時から其処に沈む 気高き白の花弁
宙を求むるは [麗しき] 幻の乙女よ

iyon-ne-eq nami-nu-ric iyon mou-n

限り無き迷ひ路に 澄み渡る闇の風に
祈りぞ捧げん
識り得ぬ光 泪を浮かべて

ef fai nery-i en-wa-fen-ne iyon ahi=refu-ea

ef loa waina syei-ei-i iyon ahih=refu-ea

君を探す此の掌 迎へに行くと
届かぬ聲 怪しかる夜
降り濯ぐ月の影 さあ――

iyon-ne-eq nami-nu-ric iyon mou-n

iyon an-mou-n nami-nu tes-nz

iyon-ne ner-nr nami-iz wa-fen-nz-ne a-z

og-az-ne i-o-n ahih=og-an-ea i-tes!

波風絶えぬ海処 そこひも識らぬ水際
灯り響もせと [筒闇に] 潜く此の詩声

iyon-eq nami-nu-ric iyon mou-n

数多の影の住処 沫に混じりて
藻屑に溺る我が身には
弛まぬ心 希ひを抱きて

Quell->{
EX[sch]->{addr::REON <= ROOTRON};
}->ExeC->{HW};

往き至れば深き濁り
閉ぢられし扉に 聲なき聲吟ふ君
嘆き湛ふる夢ぞ果つる
鎖さる檻に絡まる細き躯
其の想ひを今こそ解き放て

i-o-n-du miu-ar ahih=yeta-uia jus-xe

願はくば 水面より濯く光 [君にあれ] 誘へば
迷ひなく舞ひ上がれ 直に天飛ぶ鳥の如く

iyon-eq nami-nu-ric iyon mou-n

iyon an-mou-n nami-nu tes-nz,

iyon-ne ner-nr nami-nz-eq an-nami-iz chei-iz

og-az-ne i-o-n ahih=og-an-ea i-tes!

iyon-re wa-fui-i siwa-nu iyon ahih=refu-ea

nami-nz-eq an-nami-iz chei-iz

iyon-eq an-nami-iz-ric mou-i

Quell->{
EX[lok]->EX[swp]->{REON <=> ION};
EX[rala]->EX[cld]->{hymi};
EX[xic]->{iyon & ih};
}->ExeC->{HW};

霜月はるかについて

女性シンガーソングライター。
霜月はるかの人気歌詞
瑠璃の鳥

震え届く風 頬撫でゆく 静寂に抗う 赤 ...

SilentFlame

草原を吹き抜ける風が あなたの声を運んで ...

Re:Call

過去の想い 記憶の彼方 幼き日 残した ...

カザハネ

夕暮れ染まる丘に佇み ひとり 伸びる影 ...

恋獄

刻む針の音 柔らかな手のひら 忍び寄り ...

白夜幻想譚

(M・W・T M・A・G Y・S B・N ...

追憶の破片

繰り返す日々に その希望探すの 震え ...

想いのカナタ

遠く広がる空を見上げて 流れる雲を掴む ...

遥かな空間へ

Aria le fosia syoa r ...

LUNA

揺れる花を見つめていた 過去と欲望の狭 ...

捻子巻く時計が月の満ち欠けを刻む(LIVE VER.)

ひとり捻子を巻き続け 砂に埋もれる絡繰り ...

なないろスコア

溢れそうな想いを 書き留めた手紙(スコア ...

-HISTORIA-

遠く遠くから 響くその歌声は 確かな ...

a little more

降り注ぐ星の光の中 見上げる夜空(そら) ...

あめつちのことわり

せふぁ・くりまるでぃ・らめんとぅす らふ ...

花祭りの娘

青い空の果て 朱に暮れる雲 立ち上る煙 ...

バウムクーヘン

あるときある街 いつもと同じ並木通りで ...

忘却の翼

そよぐ草の波は 緩やかに 地平の果て ...

いのちと約束

森と共に生まれ ただ朽ちゆく宿命の中で ...

少女の薄明

朝(あした)の見えぬ夜 繰り返し  ...