evesta歌詞検索

蜘蛛の居る沼(霜月はるか)の歌詞ページです。

蜘蛛の居る沼 歌詞

歌:霜月はるか

作詞:日山尚

作曲:霜月はるか

今は昔 古き里の仇を 追い掛けて幾千里
化けた蜘蛛の主を殺め 毒に呪われた躯

朧月に痛む手脚 見開く眼に闇模様
吐いた糸が息を止めて 倒れた命は絶える

苦しみも恨みさえ断たれて 御空を仰のく
誰も訪れぬ此の沼へ 羽が迷い込みて

もしも 其の想いが 哀れな未練が 君を縛るのならば
倶に私と逝きましょうと云う
妖かしの蝶 鮮やかな袖を振る

刻は過ぎぬ 繋ぎ蝶を 憎みて追い掛けて幾千里
「何を求め 何を遺す?」問いに囚われた御魂

朧月は今も照らす 静寂に転がる亡骸
腐りながら骨と化せば やがては泥に交わる

現を択るがため 届かぬ御空に刃向かう
桜の花散る 此の故郷(ばしょ)で 独り目醒めるなら

いつか 死を誘う 優しき契りが 誰の救いと信じ
羽を集めし竹籠抱える
蜘蛛の眼の蝶 白銀の罠を張る

夜に耀く蜘蛛の網(い)を飾る 空ろ木の名を借りて
枯れた野原に 黄昏の街に 狂おしく咲く
されど 其の想いを 哀れな未練を 嘆き続けるならば
千の祈りと灯(あかし)を弔う
愛おしき蝶 艶やかな羽で舞え

霜月はるかについて

女性シンガーソングライター。
霜月はるかの人気歌詞
瑠璃の鳥

震え届く風 頬撫でゆく 静寂に抗う 赤 ...

SilentFlame

草原を吹き抜ける風が あなたの声を運んで ...

Re:Call

過去の想い 記憶の彼方 幼き日 残した ...

カザハネ

夕暮れ染まる丘に佇み ひとり 伸びる影 ...

恋獄

刻む針の音 柔らかな手のひら 忍び寄り ...

白夜幻想譚

(M・W・T M・A・G Y・S B・N ...

追憶の破片

繰り返す日々に その希望探すの 震え ...

想いのカナタ

遠く広がる空を見上げて 流れる雲を掴む ...

遥かな空間へ

Aria le fosia syoa r ...

LUNA

揺れる花を見つめていた 過去と欲望の狭 ...

捻子巻く時計が月の満ち欠けを刻む(LIVE VER.)

ひとり捻子を巻き続け 砂に埋もれる絡繰り ...

なないろスコア

溢れそうな想いを 書き留めた手紙(スコア ...

-HISTORIA-

遠く遠くから 響くその歌声は 確かな ...

a little more

降り注ぐ星の光の中 見上げる夜空(そら) ...

あめつちのことわり

せふぁ・くりまるでぃ・らめんとぅす らふ ...

花祭りの娘

青い空の果て 朱に暮れる雲 立ち上る煙 ...

バウムクーヘン

あるときある街 いつもと同じ並木通りで ...

忘却の翼

そよぐ草の波は 緩やかに 地平の果て ...

いのちと約束

森と共に生まれ ただ朽ちゆく宿命の中で ...

少女の薄明

朝(あした)の見えぬ夜 繰り返し  ...