evesta歌詞検索

居酒屋「あやめ」(祭小春)の歌詞ページです。

居酒屋「あやめ」 歌詞

歌:祭小春

作詞:おおた良

作曲:藤田たかし

赤提灯に 灯がともる
人影まばらな 裏通り
暖簾をくぐれば その中は
五人 座れば 身動きできぬ
北のちいさな 酒場(みせ)だった
情け小路の 居酒屋「あやめ」

酒の肴を そっと出す
新潟なまりの 女将(おかみ)さん
「アイツに似てるわ お客さん、
今はどうして いるんだろうか」
そんな言葉が ジンときて
ひとりほろ酔う 居酒屋「あやめ」

店の 看板娘だと
あやめが一輪 活けてある
「色々あって」と 照れながら
言葉少ない 打ち明け話
ホロリホロリと 酒を飲む
外は北風 居酒屋「あやめ」
祭小春の人気歌詞
博多舟

やさしい心に つつまれた 思い出ばかり ...

博多しぐれ

逢いに行きたい 行かれない しのび泣く ...

涙の地平線

果てなく続く どこまで続く 夢をさまよ ...

まっとう人生

人は誰でも その胸に 夢を抱きしめ 生 ...

演歌じゃないか

涙に負けては いけないと 浪花の風が  ...

浪花の花道

なにもいらへん あんたがいれば 惚れて ...

命船

海の男なら ひとりの女に 泣くな なげ ...

女のまつり

祭りだ 祭りだ ワッショイ ショイ 女 ...

御輿

年に一度の 祭りがあって 男甲斐性 ソ ...