evesta歌詞検索

富士の国(長渕剛)の歌詞ページです。

富士の国 歌詞

歌:長渕剛

作詞:長渕剛

作曲:長渕剛

けなげな少女の瞳が 今日も銃弾に撃ちぬかれていく
岸に倒れた名もない兵士は 母の名を叫んで死んだという
あぁアジアの隅に追いやられてきた しなびきったこの島国でも
魂まで ちぎれたりはしない 決して絶望に屈服などしてはいけない

真っ逆さまに空を突き刺し 犠牲になった命の破片が舞う
俺たちは憤りにむせかえり 屈辱の血ヘドを吐く
あぁそれでも凍える冬を貫き 富士の国を愛してきたんだ
生まれ育ったこの真っ赤な夕暮れに みじめさも恥もあるものか

国旗が生まれた 日本の頂(テッペン)に陽よ昇れ!
霊峰富士の国の頂(テッペン)に俺たちは生まれてきたんだ
国旗がたなびく 日本の頂(テッペン)に陽よ昇れ!
霊峰富士の国の頂(テッペン)に俺たちは生まれてきたんだ

Oh… Oh… Oh… Oh…
Oh… Oh… Oh… Oh…

戦いの歴史ばかりでうんざりだ 暴力のいしずえに国家などありゃしねえさ
たとえ、ひしゃげた日の丸の下でも 「家族」という土を踏みならして生きてきたんだ
あぁ床をはうほどの汗を ひたたらせ 親父もお袋も働いてきたんだ
大地に眠る先祖の生きた骨たちよ カタカタと打ち震えている

生まれたばかりの赤子が 母の胸をしたう時
やわらかい月夜の闇で 女は優しい子守歌を唄う
あぁ孤独に耐え忍び黙って咲く 花たちをそっと抱きしめてあげたい
おう おうおうと 共に泣きくずれてあげたい

国旗が生まれた 日本の頂(テッペン)に陽よ昇れ!
霊峰富士の国の頂(テッペン)に俺たちは生まれてきたんだ
国旗がたなびく 日本の頂(テッペン)に陽よ昇れ!
霊峰富士の国の頂(テッペン)に俺たちは生まれてきたんだ

Oh… Oh… Oh… Oh…
Oh… Oh… Oh… Oh…

富士の国に降る雪たちが 舞い降りる女神の涙なら
霊峰富士のふところに抱(いだ)かれて 俺は眠りたい
あぁ見つめる山のいただきで 火の神と水の神に祈ろう
おう おうおうと 美しさに埋もれて祈ろう

富士よあなたが見つめる空と 俺たちが見つめる空は
たゆまなく流れる雲のように いつまでも寄り添って生きてゆきたい
あぁ歴史の水面がゆれるとき いったい俺たちはどこへ流れてゆく
海よ山よ あなたよ! 俺たちを永遠に強く抱きしめてくれ

国旗が生まれた 日本の頂(テッペン)に陽よ昇れ!
霊峰富士の国の頂(テッペン)に俺たちは生まれてきたんだ
国旗がたなびく 日本の頂(テッペン)に陽よ昇れ!
霊峰富士の国の頂(テッペン)に俺たちは生まれてきたんだ

Oh… Oh… Oh… Oh…
Oh… Oh… Oh… Oh…

長渕剛について

1978年10月、「巡恋歌」でデビュー。1980年に「順子」が初のチャートNo.1を獲得。その後シングル「乾杯」をリリースし、初のミリオンセラーを記録する。86年には、映画「男はつらいよ 幸福の青い鳥」で役者デビュー。ドラマ「とんぼ」「しゃぼん玉」などに主演、役者としても根強いファンを獲得した。
長渕剛の人気歌詞
乾杯

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ ...

夏祭り

夏もそろそろ終わりねと 君が言う ゆか ...

とんぼ

コツコツとアスファルトに刻む 足音を踏 ...

RUN

賽銭箱に 100円玉投げたら つり銭出 ...

Myself

人ごみに紛れると なおさら涙がでるから ...

ろくなもんじゃねえ

ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい・・・ ...

巡恋歌

好きです 好きです 心から 愛していま ...

しあわせになろうよ

※出会った頃の二人に も一度戻ってみよ ...

交差点

君の胸の痛みが 僕にわかるといいね ...

ひまわり

北へ南へ東へ西へ 人は流れ流れて河川を ...

I love you

「私には 私の生き方がある」とか 「自 ...

GOOD-BYE 青春

GOOD-BYE 青春 いい事なんかな ...

西新宿の親父の唄

続けざまに苦しそうなせきばらいをしてた ...

しゃぼん玉

ひりひりと傷口にしみて 眠れなかったよ ...

STAY DREAM

死んじまいたいほどの 苦しみ悲しみ そ ...

蝉 semi

蝶よ花よで かつぎあげられ 背中にスミ ...

素顔

夜の顔を 鏡で映せば なんて悲しい顔なの ...

裸足のまんまで

どしゃ降りの雨の中で傘もささずに歩いてた ...

何の矛盾もない

例えば 今日という日が 何であるのかを ...

ひとつ

ひとりぼっちに させてごめんね もう二 ...