evesta歌詞検索

いくじなし(山崎ていじ)の歌詞ページです。

いくじなし 歌詞

歌:山崎ていじ

作詞:さわだすずこ

作曲:弦哲也

初心(うぶ)な男(あなた)に 死ぬ気で惚れて
夏の夜空に 遠花火(とおはなび)
背中が痒(かゆ)いと 浴衣の衿(えり)に
その手借りても 気付かない
ほんに貴男(あなた)は ほんに貴男(あなた)は
唐変木(とうへんぼく)の いくじなし いくじなし

「君の為なら 捨てるよ夢も」
甘い言葉に ほだされて
優しいだけでは 生きてはゆけぬ
全て無くした この私
ほんに貴男(あなた)は ほんに貴男(あなた)は
唐変木(とうへんぼく)の いくじなし いくじなし

酔ったふりして 甘えて焦(じ)れた
冬の夜道に 残る雪
滑った足元 支えてくれて
送り届ける 野暮(やぼ)ったさ
ほんに貴男(あなた)は ほんに貴男(あなた)は
唐変木(とうへんぼく)の いくじなし いくじなし
山崎ていじの人気歌詞
別れのボレロ

朝日が昇る その前に 鍵は置いてね い ...

騙されて

今日も口から 出まかせの 嘘を平気で  ...

幻の小夜曲

思わせぶりに 僕をみつめて 恋に落ちた ...

人情

情けもらって 情けを返す 昔ながらの  ...

男のひとり言

夢の中で 詫びていた お前は笑って う ...

弦の月

俺のつま弾(ひ)く ギターに合わせ 酔 ...