evesta歌詞検索

綿飴とりんご飴(ウソツキ)の歌詞ページです。

綿飴とりんご飴 歌詞

歌:ウソツキ

作詞:竹田昌和

作曲:竹田昌和

声も聴こえない花火の音を言い訳にして
近づいてみた首筋の匂いが綿飴とりんご飴
甘い甘い甘い甘過ぎて吐きそうになる
程の飴を僕ら一緒に舐めてた
生温い体温と少し汗臭い匂いを
抱きしめて離さないよ確かに一つになった
君がいて僕がいるそれだけでよかったのさ
花火なんてどうでもいいなんだってよかったの
二人なら

今年もこんな時期になったなぁとチラシを見る
もう何年も行っていないのだな打ち上げは20時
甘い甘い甘い甘過ぎて吐きそうになる
程の飴は溶けて無くなってしまった
生温い体温とあの夏の夢ってやつを
今も見ている筈なのにどうして何かが違うの
君がいて僕がいるそれだけでよかったのに
いつの間にか解らなくなった
僕は今も君が見えるのに

突然 図ったかのように
鳴り響いた花火の音
支度もせず慌てて外へ駆け出すと
浴衣の君がそこにいる
目を凝らしてもう一度見る
Tシャツの君と目が合う
幻のようだ

懐かしい匂いに誘われて歩き出した
綿飴とりんご飴を買って一緒に帰ろう
君がいる僕がいるそれだけだ それだけなんだ
あの夏の夢というやつはもう見れなくてもいい
二人だから
ウソツキの人気歌詞
名もなき感情

愛してるよ って君に言ったら は?意味 ...

夏の亡霊

笑ってる君の横で 僕はあの子のこと思って ...

コンプレクスにキスをして

かっこ悪いよな こんな上っ面な優しさじ ...

0時2分

もしも僕が君を好きだったら このドアを ...

一生分のラブレター

何回だって告白をしよう 君が好きだって ...

心入居

あのとても言いづらいことですが あなた ...

今だけは

月明かりが僕らの過ちを照らした この時 ...

スープ

あなたと私を煮込みましょう 骨の髄まで ...

知ってる

傘を二本持って 君を迎えに行く 到着時 ...

偽善者

恋という名のまやかしで君を謳したい 愛 ...

レトルトの彼

夜中一時に呼び出されて あなたは僕を食 ...

口内戦争

こちら管制センター聞こえてますか聞こえて ...

新木場発、銀河鉄道

僕の街と 君の住む街を 唯一繋ぐ 銀河 ...

パン

駅前のパン屋は今日も混んでいて 出来立 ...

本当のこと

本当のこと言うと 怖くてたまらない ...

過去から届いた光の手紙

何光年も離れた星から見る今は 確かにそ ...

ネメシス

クリアなんて本当はしたくないんだ 永遠 ...

旗揚げ運動

右手を上げて 左手下げて 両手を上げ ...

ミライドライバー

いつだって恐る恐るペダル 踏み込んでいる ...