evesta歌詞検索

馬籠宿(谷龍介)の歌詞ページです。

馬籠宿 歌詞

歌:谷龍介

作詞:木下龍太郎

作曲:岡千秋

思い切る気で 来たものを
またも未練が 先回り
あなたの手枕 恋しくて
いつまでも眠れない ひとり寝は
木曽は山中 馬籠宿

なんで聴こえる 足音に
更けて降り出す 時雨まで
あんなに泣き目を 見たくせに
裏切りを憎めない 意気地なし
女ひとりの 馬籠宿

恋に区切りを 付けなけりゃ
ひとり歩きは 先の先
あなたと作った 想い出を
置き去りに発つつもり 夜明けには
木曽は山中 馬籠宿

谷龍介について

2005年  9月21日、「女の子守唄」でデビュー。
谷龍介の人気歌詞
ブルースカイ ブルー

あのひとの指にからんでいた ゴールドの ...

古城

松風騒ぐ 丘の上 古城よ独(ひと)り  ...

最後の夜だから

人目に隠れ 忍び逢い 哀しい恋です 愛 ...

しあわせ尋ねびと

おまえの泣き癖は 生まれついての もの ...

俺の海

フカもクジラもよ 馴染みのダチよ 迎え ...

行かないで…

誘い上手 遊び上手 いろんな夢を 見せ ...

おはん

だましてください さいごまで 信じるわ ...

みだれ髪

髪のみだれに 手をやれば 赤い蹴出(け ...

良いことばかりじゃないけれど

上手な生き方 出来なくて 何度もため息 ...

流川ぶるーす

捨てちゃいやだと 縋(すが)った指を ...

くちなしの白い花

つらさ淋しさ 分け合いながら お酒がの ...

紅の宿

宿の灯りも 吹雪に燃えて 渡る逢瀬の  ...

つづれ川

水より薄い 人の世に いいのいいのよ  ...

厳冬よされ節

津軽おろしが 地響きたてて がぶり噛( ...