evesta歌詞検索

霧笛の宿(大月みやこ)の歌詞ページです。

霧笛の宿 歌詞

歌:大月みやこ

作詞:池田充男

作曲:船村徹

霧笛がしみます 雪の夜
わたしはあなたの 腕のなか
夢も 現(うつつ)も この霧多布(きりたっぷ)
ちいさな宿の やさしさに
泣けて名残りの 情けを契る

あのとき わたしは 襟裳から
やつれた女の ひとり旅
拗ねたこころを いたわるように
お酒をついで くれたのが
同じ翳(かげ)ある このひとでした

これからどうする 北の果て
あなたは漁港(みなと)へ 戻るけど
逢うも 別れも この霧多布
夜明けがせまる それまでは
霧笛まくらに 抱かれていたい

大月みやこについて

昭和39年6月20日「母恋三味線」でキングレコードよりデビュー 。昭和59年度 全日本有線大賞特別賞 (女の港)平成4年度  第34回日本レコード大賞 大賞 (白い海峡)など受賞多数。
大月みやこの人気歌詞
女の港

口紅が 濃すぎたかしら 着物にすれば ...

手酌さのさ

ひとりでやります 手酌がいいわ 今夜は ...

夢日記

なにが欲しいと 聞かれたら 愛が欲しい ...

白い海峡

人はみな故郷が 恋しくなって 一度は泣 ...

恋ものがたり

別れてあげます 身をひいて あなたお願 ...

根室海峡

髪が長けりゃ 切り捨てまする 顔が白け ...

氷雪の岬

どこに流れて ゆきますか 凍えて割れた ...

女の駅

もいちど抱いてね あなた 雪が泣く お ...

戻り橋暮色

(台詞) 大阪は みなみの新地のあたり ...

くらやみ橋から

(台詞) 昭和十年頃の事やったそうです ...

西陽

西陽の差し込む窓から あなたの 面影さ ...

乱れ花

額の髪を 掻きあげながら 鏡にむかえば ...

ともしび

カーテンを そっと開けて おはようと  ...

恋歌しぐれ

女という字を また書いていた 運命(さ ...

銀座の蝶

ほこりまみれの 巷の夕陽 ビルにかくれ ...

大阪夜霧

好きになっては いけないと 誰も教えて ...

儚な川

聞かせて下さい もういちど おまえが好 ...

終着駅にて

燃えて 燃えて 燃えて 燃えてあなたの胸 ...

花宴

いろんな事が あったわ 騙されたことも ...