evesta歌詞検索

港に向いた窓(浜博也)の歌詞ページです。

港に向いた窓 歌詞

歌:浜博也

作詞:槙桜子

作曲:岡千秋

ため息まじりの 霧が流れて
女は今夜も ほおづえついた
煉瓦(レンガ)通りの 向こうがわ
港灯りが ぼんやりにじむ
ぽとりと 女は 涙をこぼす
淋しいんだろ 淋しいんだろ
ひとりぼっちは…

靴音ひびいて 影が過ぎれば
古びた木枠(きわく)の 出窓が開く
霧がこんなに 濃い夜も
船を待つのか 瞳を凝らし
汽笛が 女の 心を乱す
恋しいんだろ 恋しいんだろ
夢の中でも…

夜更けにふらりと ドアをすり抜け
冷たいベッドに ぬくもり咲かす
朝に女が 眠るころ
潮の匂いの 枕が残る
やっぱり 女は 男の港
逢いたいんだろ 逢いたいんだろ
きっと今夜も…
浜博也の人気歌詞
今夜はパートナー

星の流れる夜に めぐり逢ったのさ カウ ...

似た者どうし

宵の口から したたか呑めば 親父の姿が ...

情け雨

後は追わない 約束の 小指からめる ひ ...

盛り場たずねびと

噂の糸を たぐりよせ 追ってきたのさ  ...

雪折れの宿

雪に埋もれる 竹の小径 明日を語れぬ  ...

泣きむし蛍

赤いネオンの 水たまり はぐれ蛍が 目 ...

東京泣きぼくろ

泣いているのか まつげ濡らして なぜか ...

愛しい男よ

海鳴り間近な 最果(さいは)ての駅 霧 ...

ドルチェ・ヴィータ

泣いているんだね おまえの肩がふるえて ...

夢あるかぎり

夢あるかぎり 命のかぎり いつまでも ...