evesta歌詞検索

兄貴(走裕介)の歌詞ページです。

兄貴 歌詞

歌:走裕介

作詞:池田充男

作曲:船村徹

三社祭(さんじゃまつり)で もまれた男
御輿かつぎに 今年は帰る
華の浅草 ぐらしだが
道産子気質(かたぎ)を わすれない
すごい兄貴だよ 祭りよ早く来い

船も漁場も おまえに遣(や)ると
体ひとつで 夜汽車に乗った
すきなイカ刺 アワビ丼
ご馳走たらふく 呑ませたい
おやじ おふくろが 自慢の兄弟さ

北の大地の 北海道は
義理も人情も 変っちゃいない
森の社(やしろ)に 幟(はた)たてて
どどんと太鼓を 打ち鳴らす
稽古まっさかり 兄貴よ聞こえるか

墨田 大川 桜の春に
のせてもらった あの船遊び
みやげなんにも なくていい
やん衆仲間が 待ってるぜ
俺の兄貴だよ 彼女もつれて来い

走裕介について

北海道網走市出身の演歌歌手。 本名は眞野 裕之(まの ひろゆき)。
走裕介の人気歌詞
流氷列車

雪が雪がななめに 降りしきる もいちど ...

北のひとり星

北の夜風は 粉雪まじり お前と暮らした ...

春待ち草

あれからどうして いたのかと 聞けばお ...

その人は昔

その人は昔 海の底の 真珠だった そ ...

母のいない故郷

母のいない故郷は風の村 無人駅に降りり ...

昭和縄のれん

ひなびた路地の 縄のれん 焼鳥は世間の ...

のぞみ(希望)

ここから出たら 母に会いたい おんなじ ...

故郷恋々

かあさん田舎は もう雪ですか 今年は足 ...

なみだの宿

想い出の 想い出の 湯の街あかり 女 ...

男の駅

線路はなくても 心の中に 故郷(こきょ ...

北の傷歌

背中丸めて 燗酒あおる 窓に夜汽車の ...

私の夏は来ぬ

暮れそで暮れない 夕暮れに じらされな ...

赤いレンガの港町

北の寒さに かじかむその手に ぬくもり ...

寄り添い月

ひとりで歩く 路地裏を 月が黙って つ ...

故郷の山が見える

いちど東京へ 行くと言いながら いつも ...

春の北岬

いのち支える 小枝をくわえ 雁(かり) ...