evesta歌詞検索

空を歩く(藍井エイル)の歌詞ページです。

空を歩く 歌詞

歌:藍井エイル

作詞:Eir/安田貴広

作曲:安田貴広

迷い続ける指じゃなんにも掴めなくて 積み木が崩れた午前4時
遥か彼方の光 俯いて目を逸らしたら 自分の影にすら笑われるから

都合が悪くなればいつもすぐ逃げ出していた そんな自分にはもうさよなら

あなたには見つけられない物がこの世界には溢れかえっているけど
開かない窓を壊して開けることはいつだってその気になればできるから

もしまた自分の影に追いつかれて 怯える僕に気づいてくれたら
そっとそばに居て ただそれだけできっと僕ら あの光を見つめていけるはず

楽しいから笑ってる 悲しいから泣いてる 当たり前のような暮らしの中で
楽しい振りして泣いてる 悲しくても笑ってる
そうやって生きている君に出会い

昨日が今日になっても今日が昨日になってもきっと変わらない日々にさよなら

独りでは生きていけないことがいつでも怖くて仕方がなくて
壊れた窓の外の景色を見る たったそれだけのことができなかった

いつしか遥かな時間の先で微笑む笑顔がイメージできたら
ずっと側にある哀しみの積み木を崩しても積み上げてきた時間は消えない

僕らには見つけられない物がこの世界には溢れかえっているけど
開かない窓を壊して開けることはいつだってその気になればできるのに

独りでは生きていけないことがいつでも怖くて仕方がなくて
壊れた窓の外の景色を見る たったそれだけのことができなかった

もしまた自分の影に追いつかれて 怯える君に気づけた時には
そっと側に居る ただそれだけできっと僕ら あの光を見つめていけるはず
藍井エイルの人気歌詞
シリウス

誰かが 勝手に決めた 既製品(レディメ ...

IGNITE

迷わずに今 矛盾だらけの世界を その手で ...

流星

いつだって 誰かと 比べて つらくて ...

MEMORIA

静かに移りゆく 遠い記憶の中 思い出に ...

I will...

長い眠りは どれ程の想いを作ったのだろう ...

誓い合った約束は 明日への翼 た ...

ラピスラズリ

夜空を舞う蒼き三日月 まばゆい世界は雲 ...

INNOCENCE

隠してた感情が悲鳴を上げてる 確かな誓い ...

星が降るユメ

時が流れるたび 繰り返されていくのは ...

アイリス

君が赤く燃える太陽ならば 僕は夜に咲く ...

虹の音

陽だまりの中 心のキャンバスに 君が描 ...

AURORA

遥かな宇宙(そら) さまよえる光だって ...

シンシアの光

ずっと鳴り止まないのは 光、輝きの音 ...

アヴァロン・ブルー

いつか読んだ昔話の千切れたページみたいに ...

dear brightness

懐かしさに目を閉じれば いつかの記憶 ...

GENESIS

僕たちは 彷徨える未来 窮屈な空に ...

サンビカ

信じることに疲れ 閉じた世界からから抜け ...

レイニーデイ

なりたい自分になるには どうしたらいいか ...

CRIMSON EYES

幾つも涙は零れる 抱かれた腕の中で ず ...

FROATIN'

形が無いなら 目に見えないなら 見つけ ...