evesta歌詞検索

八重~会津の花一輪~(島津亜矢)の歌詞ページです。

八重~会津の花一輪~ 歌詞

歌:島津亜矢

作詞:志賀大介

作曲:村沢良介

明日の夜は 何国(いずこ)の誰か ながむらん なれし御城に 残す月かげ

ならぬことは ならぬもの
これがふるさと 会津の魂(こころ)
時は幕末 葵は枯れる
仰ぐなみだの 鶴ヶ城
八重は一生 女の 女の
女の誠を通します

「弟・三郎の形見の衣装を身にまとい 散るを覚悟で城に向かったあの日…
あれは まるで昨日の事の様です
城 明渡しの夜 無念のうちに見上げた夜空に 煌々と輝いていたあの月が
目を閉じれば今もそこにあります
あゝ 何故あれほど多くの命が失われなくてはならなかったのでしょう…
わたしたちは ただ国を ただ故郷を 守りたかっただけなのです」

胸に宿す こころざし
風が運んだ 日本の夜明け
青いガス燈 想いを照らす
馳せる希望の あかね雲
八重は一生 女の 女の
女の誠を通します

「散切り頭にちょんまげ頭 時代は『明治』に変わり 押し寄せる維新の波は
誰をも飲み込む潮流となって迫ってきました
ジョー、あなたと共に夢を馳せた世も 争いは絶えません
わかっています わかっているのです 誰も争いごとは望んでおりません
人はもともとやさしいもの… そのやさしさを求める人々に
私は手を差し伸べ続けます その先に… その先に…」

明日は明日の 陽が昇る
峰にかかれる むら雲晴れる
いのちひとすじ 慈愛の精神(こころ)
夢にこの身を 捧げたい
八重は一生 女の 女の
女の誠を通します

島津亜矢について

昭和61年5月21日「袴をはいた渡り鳥」でデヴュー。平成13年12月紅白歌合戦初出場。
島津亜矢の人気歌詞
帰らんちゃよか

そらぁときどきゃ 俺たちも 淋しか夜ば ...

大器晩成

枝を張るのは まだ早い いまはしっかり ...

梅川

(セリフ)逢うこと叶わぬひとに 逢いた ...

海鳴りの詩

五体に刻んだ 赤銅色(しゃくどういろ)の ...

大事なものほど 根っこのように 見えぬ ...

感謝状 ~母へのメッセージ~

ひとりだけの とき 誰もいない とき ...

愛染かつらをもう一度

花と嵐の青春を 涙と共に 生きるとき ...

阿吽の花

紫陽花を 紫陽花を ひとまず白に 染め ...

瞼の母

軒下三寸 借りうけまして 申しあげます ...

おつう

「日本に古くから伝わる民話 美しくも哀 ...

流れて津軽

よされよされと しばれて積もる 雪はお ...

岸壁の母

母は来ました 今日も来た この岸壁に  ...

森の石松

山が富士なら 男は次郎長 あまた子分の ...

お梶 ~「藤十郎の恋」~

噛んだ 唇 したたり落ちる 血で書く名 ...

おさん

ひとり寝は… そっと茂兵衛に逢いたくて ...

君と見てるから

人はいつから 何かを愛し 何を疎むように ...

アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)

あのね いつの間にか 気づいたんだ 愛に ...

かあちゃん

最後にかあちゃんと 話しをしたのは 木 ...

一本刀土俵入り

男度胸の 人生を 土俵ひとすじ 生きて ...

都会の雀

雀 雀 都会の雀 雀 雀 夜明けの雀 ...