evesta歌詞検索

ラーメンの歌(馬場俊英)の歌詞ページです。

ラーメンの歌 歌詞

歌:馬場俊英

作詞:馬場俊英/須藤晃

作曲:馬場俊英

つまらない嘘をついて いつまでも泣いていた
駅前の角の並び 路地裏のラーメン屋で
もういいから早く食えと 隣で親父が言う
しゃくりあげながら すすりこんだ あのラーメンの歌

初めての給料日にも 気がつけばここにいた
ビールを一本頼み 独り 餃子で乾杯をした
自分で稼いだ金で 自分のラーメンを食べる
つまらない味の 平凡な味の 最高のラーメンの歌

チャーシューが1枚と メンマが4、5本と
刻んだネギと海苔だけで 他に何がいるだろう
ラーメン! スープを飲み干せば
ラーメン! 明日が笑い出した
もう少しやってみよう 最後まで頑張ってみよう
聴こえるよ あのラーメンの歌

初めてのデートもここに 君を連れてきた
テーブルの席に2人 向い合って座ったよね
なんにもなかった あの頃の僕ら お金なんていらなかった
美味しいって君が笑って そこで僕は未来を決めた

夢がひと切れと 涙が2、3粒
刻んだ日々と汗まみれの ありふれた人生の歌
ラーメン! スープを飲み干して
ラーメン! ふたりで笑い出した
僕と結婚して欲しい 死ぬまで愛してる 君だけを ああ青春の歌

嫌われても煙たがられても 叶えたいことがある
でもやりきれない行き止まりの夜 またラーメンをすすれば
やりたいように自由にやれと 親父の声がする
悲しくて 切なくて 悔しくて みんな馬鹿野郎だ あのラーメンの歌

チャーシューが1枚と メンマが4、5本と
刻んだネギと海苔だけの それだけの愛情で
ラーメン! 涙を呑み干して
ラーメン! すべてを受け入れよう
俺はまだやれる まだまだ頑張れる 聴こえるよ

ラーメン! 今日も夢がひと切れと
ラーメン! 涙が2、3粒
スープを飲み干して 明日に乾杯をしよう
聴こえるよ あの青春の歌

聴こえるよ ラーメンの歌

馬場俊英について

1996年2月21日、シングル『星を待ってる』でフォーライフよりデビュー。 2005年1月、FM東京系JFN全国ネット「ASAHI SUPER DRY ACCESS ALL AREA」番組内で「人生という名の列車」を書き下ろし、大反響を受ける。
馬場俊英の人気歌詞
ボーイズ・オン・ザ・ラン

Hey Boys do it Do it ...

スタートライン~新しい風

もうダメさ これ以上は前に進めない そ ...

弱い虫

雨にも負けず 風にも負けないで 欲はな ...

人生という名の列車

人生という名の列車が走る 時代という名 ...

平凡

最近、僕が変身をしなくなったのは 電話 ...

今日も君が好き

朝の光に目を覚ますと この頃は少しせつ ...

一瞬のトワイライト

信号待ちで ぼんやり街を眺めていたんだ ...

K点を超えるなら靴擦れを直せ

ハートせつなく 会話つたなく カーブを ...

青空

毎日の暮らしにふと気が滅入ったとき 小 ...

花火

そこに車停めて 外で少し休もう 川の近 ...

旅人たちのうた

得意な顔で並んだ 写真の中の僕らは い ...

昭和生まれの星屑野郎

番号! 1 2 3 4 5 6 7 み ...

スーパーオーディナリー

もしも巨人と阪神の選手が全員入れ替わった ...

君の中の少年

もう10年以上前の汗が 染み込んだ古いグ ...

最後まで

最後の最後まで 歩き続けよう 夢がある ...

100倍の微笑み

抱き合っても なんとなく唇を重ねても ...

アスファルトに咲く花

アスファルトに咲く花の色に 今日はなぜ目 ...

右と左の補助輪

指で数えてみれば すぐに辿れるほどの 季 ...

待ち合わせ

もしも君に逢えるのなら まず初めにどんな ...