evesta歌詞検索

余市の女(水田竜子)の歌詞ページです。

余市の女 歌詞

歌:水田竜子

作詞:水木れいじ

作曲:水森英夫

お酒を相手に ひと冬越えて
あなた待つ身を 霧笛が泣かす
シリパ岬は 荒波しぶき
雪また雪の 波止場みち・・・・・
夢を夢を 夢をください もういちど
いのち預けた 余市の女

一途というのも 哀しいものと
他人(ひと)は指さす 噂をたてる
紅い夕日に 積丹(しゃこたん)カモメ
誓った 愛の乗念寺(じょうねんじ)・・・・・
忘れ忘れ 忘れられない ぬくもりに
賭けて入船(ふね)待つ 余市の女

泣かせたぶんだけ 優しく抱いて
胸の根雪を 溶かしてほしい
春のあけぼの ローソク岩に
黒ユリ投げて ただ祈る・・・・・
恋を恋を 恋をかえして もういちど
あなたひとすじ 余市の女
水田竜子の人気歌詞
能登島みれん

ひとり旅する 女の宿は 雨の音消す 渚 ...

雪迎え

空に羽衣 舞うように 糸が飛びかう 雪 ...

酔っぱらっちゃった

飲めるわよ 酒くらい たかが色つき 水 ...

雨の記憶

雨の音で目覚めた 一人ぼっちの朝 貴方 ...

噂の港

北をめざして 函館・小樽 西ゆく船に ...

平戸雨情

雨にけむった オランダ橋で 決めたはず ...

紅花の宿

愛しながらも 別れた人の 想い出捨てる ...

宗谷遥かに

生まれ故郷は 北の果て 汽車も通わぬ ...

そして海峡 (令和ニューバージョン)

愛しているよというのなら ついて来いよ ...

雪椿

やさしさと かいしょのなさが 裏と表に ...

夢宵酔(ゆめよいよい)

泣いちゃダメだと 抱かれても 涙が何故 ...

じょんがら恋唄

雪は解けたか 岩木山 もうすぐ林檎の花 ...

札幌すすきのエレジー

雪が舞い散る 北の街で ひとつの愛が  ...

桂浜哀歌

黒潮育ちの 負けん気もヨー 恋に溺れり ...

礼文水道

花の浮き島 最果て航路 漁船(ふね)が ...

旭川のおんな

優(ゆう)佳良(から)織りが 紡ぐのは ...

有明月夜

面影訪ねて 降り立つ町は 肥前(ひぜん ...

ブルー・ライト・ヨコハマ

街(まち)の灯(あか)りが とてもきれい ...

みちのく隠れ郷

雪をいただく 鳥海山の 麓流れる 白 ...

木曽川みれん

木曽の御岳さん 墨絵に霞む 旅のおんな ...