evesta歌詞検索

点線(藤井フミヤ)の歌詞ページです。

点線 歌詞

歌:藤井フミヤ

作詞:河野丈洋

作曲:河野丈洋

時間通りに来ないバスを待って 茫として突っ立ってる
あいつなんかはどうせ馬鹿な奴だと
思えたらもっと楽だろう
信じ合えばいい 認め合えばいいってそう簡単に言うけど
そんなの安売りしたくはない
黙っているよ 僕ひとりいなくても世界に変化は何にもない

ねえ君 聞かせてくれ 子供の頃にあった話を
何を信じ 何に傷つき どんなことを許してきたのかを

真っ白な心を持って この目には天使の光を宿して
僕ら生まれてきたんじゃないのか
体にいくつも引っ付いた 汚れはいつしか重い枷になって
暗い水の中でまた溺れている

コントロールが利かなくなったような暴走に頼って
喧嘩したつもりかい
君のルールはべつに好きじゃないけど
君の全部を その言葉の裏を
嫌いになりたくはないと思っていて
どうしたってやり場なんかない
信じるべきものは神なんかじゃなくて
君も僕も それぞれ持ってる

ねえ君 答えてくれ いま僕の目に映っている
人と人をつなぐ点線は 本当はありもしない幻なのか?

真っ白な心を持って この目には天使の光を宿して
僕ら生まれてきたんじゃないのか
誰かを必要としたくて それでも毒を飲み下したくなくて
人を思う方法をまた忘れている

何もかもを言葉で伝えようなんて考えちゃいないし
真実はひとつだけじゃないから
誤解されたまんまで過ごしていくなら それもいいだろう
楽なもんさ
自分の弱いところばっかり気にして 守って
痛い思いしたくないからって
そいつにしがみついて生きてれば
いつか決定的に人を傷つけてしまうかもしれないなんて
思いもしないでいい
だだガキみたいに愛とか言ってりゃいい

まっすぐな心を持って 互いに信じているものがあるから
永遠に平行線で
決して交わることはないと あきらめに近い気持ちで思っても
醜さまで愛してみたい
どんなにもがいても届かない 対岸に向かってひたすら泳ぐよ
すべてを許して 笑わせてくれる
あの歌が聞こえる方へ

藤井フミヤについて

1983年チェッカーズのボーカリストとして「ギザギザハートの子守歌」でデビュー。1984年「ギザギザハートの子守歌」「涙のリクエスト」「哀しくてジェラシー」の3曲が大ヒット。以後、10年にわたり既成のアイドル枠をはるかに越えて、音楽のみならずファッション・ヴィジュアル・発信に至まで、ティーンエイジャーに強い支持を受け続ける。1992年12月31日、紅白歌合戦出場を最後に、チェッカーズ解散。 1993年ファースト・ソロシングル「TRUE LOVE」がCX系ドラマ「あすなろ白書」の主題歌となり、200万枚のセールスを記録する。ソロアーティストとしての道を確立する。
藤井フミヤの人気歌詞
Another Orion

夜空が 夕焼けを 包む オリオンを見つ ...

TRUE LOVE

振り返ると いつも君が笑ってくれた 風 ...

明日天気にしておくれ

石ころをいくつ蹴って 帰り道の数え唄 ...

嵐の海

ナイトは 青の闇で 一秒刻みで 形を変え ...

女神 (エロス)

女神を見つけた COOLなベースクラブ ...

青春

もしもあの時代に この電話があったらな ...

タイムマシーン

君に初めて会った時 髪の先までくぎづけさ ...

NANA

ねぇ NANA おまえが死ぬほど好きなの ...

ALIVE

夢に破れ さまよう旅人よ さあ今もう一度 ...

君のために

君がここにいないと 僕が生きてる意味はな ...

わらの犬

街は 雨…雨…雨‥‥ やがては変わる ...

Be with you

窓を開けて やわらかな朝の光りを集めて ...

First Love

屋上で空に投げた教科書が 落ちてゆくペ ...

永遠に死ぬまで

永遠に死ぬまで 永遠に死ぬまで 永遠 ...

星空の片隅で

これでいいんだ きっとこのままで なん ...

Snow Crystal

君の事をふと思い出した 雪が急に降りだ ...

ラブレター

懐かしい古いシネマを見てる ぼんやり ...

フラワー

どんなに平凡なことにも 不思議な顔をする ...

消えないキャンドル

この日が来るたびに まだ蘇る 褪せてゆ ...

夜明けの街

笑っていても じつは辛い事があったり ...