evesta歌詞検索

アイスクリーム(amazarashi)の歌詞ページです。

アイスクリーム 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

駅のエレベーターがあまりにも唯物的で
この六月のとある一日ですら とても唯物的に思えて
だから僕は 僕の情緒と秘密を交わし合う

改札を抜けると 少し夏の匂いがして
色んな人が最大公約数的に笑って
その重量が 個人的な空白と釣り合わず
僕は 僕の情緒と秘密を交わし合う

虚しい 寂しい と言ったら終わり
虚しい 寂しい と言ったら終わり
虚しい 寂しい と言ったら終わり
虚しい 寂しい

石畳の歩道が 日照りでとても熱そうだから
今年の六月は ここに捨てていこうと
アイスクリーム屋の看板を見て
思った

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
amazarashiの人気歌詞
独白

私が私を語るほどに 私から遠く離れてしま ...

季節は次々死んでいく

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

帰ってこいよ

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季 ...

とどめを刺して

失望したって君が言う時 君は失望の彼女み ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

マスクチルドレン

この世界は少し煩すぎるから カーテンを全 ...

命にふさわしい

好きな人ができた 確かに触れ合った アス ...

未来になれなかったあの夜に

「色々あったな」の 色々の一つ一つを ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

アルカホール

宵の淵に腰掛け物思い 街は馴れ馴れしかっ ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

僕が死のうと思ったのは

僕が死のうと思ったのは ウミネコが桟橋で ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

リビングデッド

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世に ...

月が綺麗

僕が言葉を話す 君が言葉で答える 僕ら ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

抒情死

アイデンティティが東京湾に浮かんでいる ...