evesta歌詞検索

カモメ(長渕剛)の歌詞ページです。

カモメ 歌詞

歌:長渕剛

作詞:長渕剛

作曲:長渕剛

浪江の街の請戸の港
カモメの群れが飛んでる
秋のコスモスが咲いて
子供たちがはしゃいでる
請戸の海から魚たちも
川を上ってしぶきをあげてる

浪江の街の立野の丘に
牛たちの群れが生きてる
立ち並ぶ朝の牛舎から
生き物の匂いがあふれてる
男たちは藁を運び
毎日牛たちの背中をさすってる

だけど全てが消えてしまった
全てが無くなってしまった
子供の声も消えちまった
漁師の声も消えちまった
農夫の声も消えちまった
牛たちの姿も何もかもが
やせ細った野良牛たちの
瞳をどうやって見つめればいいの

僕が歩いてきた道は 正しかったのか!
したたり落ちてく命の
最後の最後の一滴を
コメカミに突きつけてみた
今一度問いかけてみた
僕たちが歩いてきた道は 本当に正しかったのか!

浪江の街の駅前の
ひしゃげたまんまの商店街
パン屋も床屋も雑貨屋も
命の音が聞こえない
全滅していた暮らしの中
壊れた信号機だけが点滅していた
僕はただ立ちつくし空を見上げて泣いた

男は牛たちの乳を泣きながら搾っている
来る日も来る日も毎日
泣きながら乳を搾ってる
捨てては搾って搾っては捨てて泣いてる
男は牛舎でつぶやいた
「原発さえなければ・・・」

秋のコスモス畑で
も一度君たちと会いたい
秋のコスモス畑で
も一度君たちと唄いたい
秋のコスモス畑で
君の背中を追いかけたい
請戸の海から昇る朝陽に
も一度抱かれて泳ぎたい

生きたいと叫びながら
消えてった農夫たち
生きたいと叫びながら
消えてった漁師たち
生きたいと叫びながら
消えてったあの時の夕焼け
やせ細った野良牛たちの
瞳をどうやって僕は見つめればいいの

浪江の街の請戸の港
カモメの群れが飛んでる
4本の煙突の向こう
何も知らずに飛んでる
低く垂れこめた真冬の空
ハラハラと白い雪が降ってた

止めてくれ
原発を
止めてくれ
今すぐ
母親から子供を引き裂き
子供から母親を裂く
乳房をくわえる赤子の
瞳をどうやって僕は見つめればいいの

帰りたいなあ
wow wow wow wow
帰りたいなあ
wow wow wow wow
生まれた場所へ
wow wow wow wow
帰りたいなあ
wow wow wow wow
命の音を抱きしめて
浪江のカモメが空を飛んでゆく

カモメよ
飛んでくれ
カモメよ 空高く
高く 高く 高く 高く 高く
飛んでくれ
母親から子供を引き裂き
子供から母親を裂く
乳房をくわえる赤子の
瞳をどうやって僕は見つめればいいの

長渕剛について

1978年10月、「巡恋歌」でデビュー。1980年に「順子」が初のチャートNo.1を獲得。その後シングル「乾杯」をリリースし、初のミリオンセラーを記録する。86年には、映画「男はつらいよ 幸福の青い鳥」で役者デビュー。ドラマ「とんぼ」「しゃぼん玉」などに主演、役者としても根強いファンを獲得した。
長渕剛の人気歌詞
乾杯

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ ...

夏祭り

夏もそろそろ終わりねと 君が言う ゆか ...

とんぼ

コツコツとアスファルトに刻む 足音を踏 ...

RUN

賽銭箱に 100円玉投げたら つり銭出 ...

Myself

人ごみに紛れると なおさら涙がでるから ...

ろくなもんじゃねえ

ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい・・・ ...

巡恋歌

好きです 好きです 心から 愛していま ...

しあわせになろうよ

※出会った頃の二人に も一度戻ってみよ ...

交差点

君の胸の痛みが 僕にわかるといいね ...

ひまわり

北へ南へ東へ西へ 人は流れ流れて河川を ...

I love you

「私には 私の生き方がある」とか 「自 ...

GOOD-BYE 青春

GOOD-BYE 青春 いい事なんかな ...

西新宿の親父の唄

続けざまに苦しそうなせきばらいをしてた ...

しゃぼん玉

ひりひりと傷口にしみて 眠れなかったよ ...

STAY DREAM

死んじまいたいほどの 苦しみ悲しみ そ ...

蝉 semi

蝶よ花よで かつぎあげられ 背中にスミ ...

素顔

夜の顔を 鏡で映せば なんて悲しい顔なの ...

裸足のまんまで

どしゃ降りの雨の中で傘もささずに歩いてた ...

何の矛盾もない

例えば 今日という日が 何であるのかを ...

ひとつ

ひとりぼっちに させてごめんね もう二 ...