evesta歌詞検索

平凡(馬場俊英)の歌詞ページです。

平凡 歌詞

歌:馬場俊英

作詞:馬場俊英

作曲:馬場俊英

最近、僕が変身をしなくなったのは
電話ボックスが街から消えてしまったからだし
大人になって変身ベルトの穴が足りなくなってしまったせいもある

スーパーバイクもバッテリーがあがってしまって
たしか実家の物置にしまったまま
白いマフラーももうずいぶん前にどこかに失くしてしまった

平凡な街の片隅に平凡な男が住んでいる 今日の幸せを守るために

この頃、僕の妻は何故僕が変身をしないのかと不思議に思っているみたいで
なぜあなたは変身してわるものをやっつけに行かないのかって
そんな視線を朝食の時、新聞越しに感じるんだ

かつてのヒーローたちはどこに行ったんだろう?
あんなにたくさんいたじゃないか
みんなどこに隠れてしまったんだろう
歳をとって引退してしまったのか

突然、テレビのニュース速報が言っている
わるものたちが今またこの街にやって来ていると
子供たちは無事に家に帰って来れるだろうかと
妻は泣き崩れながら家着のままで大通りまで出て行った

平凡な街の片隅に平凡な女が暮らしてる 家族の幸せを守るために

変身ベルトもスーパーバイクも マフラーもマントももうない
一番汗を流して 一番疲れてしまって 一番かっこわるい 僕たちのヒーロー

Hey! Man! Stand up! Hey! Woman! Stand up!
Hey! Man! Stand up! Hey! Woman! Stand up!

Hey! Man! Stand up! Hey! Woman! Stand up!
Hey! Man! Stand up! Hey! Woman! Stand up

Fight!

何が幸せだとか そんなことを
考えたことだって ないわけじゃないけど
やらなきゃいけないことが いつだってあってさ
ただそれだけを ひたすら頑張って来たんだ
Good Morning, oh I love you

いちばんに目を覚まし 朝ご飯をつくり
家族送り出して洗濯 掃除をしたら買い物に出かけ
晩ご飯を作って 洗い物 最後の風呂に入り やがて寝る
昨日地球を回していたのは もしかしたら君なんじゃないのか
Good Morning, oh I love you

悲しさや寂しさや 怒りや虚しさを
感じたことだって ないわけじゃないんだろうけど
僕には行かなきゃならない場所が いつだってあってさ
ただそれだけはずっと続けて来たんだ 今日だってそうさ

褒められもせず 怒られもせずに
表彰状もトロフィーも貰えないのに
よく頑張ったな 報われない汗が流れても
昨日地球を守っていたのは もしかしたら君なんじゃないのか

僕が風邪で10日も寝込んだっていうのに
会社は潰れもせず プロジェクトも進んでるみたいだ
僕にしかできないことって いったいなんだろう?
僕にしかできないことって何か本当にあるのか

道の穴ぼこを埋めている人
壊れそうなベンチを直している人
どこにでもいる 暮らしの手入れをする人々
昨日転ばないで歩けたのは もしかしたら偶然じゃないのか

当たり前という名の涙 当たり前という名前の汗
当たり前という名をした笑顔 当たり前という名をした怒り
当たり前という名をした気持ち 当たり前という名前の心
今日も地球を回しているのは 平凡な僕たちじゃないのか

昨日地球を守っていたのは もしかしたら君なんじゃないのか
今日も地球を回しているのは 平凡な魂じゃないのか
昨日地球を回していたのは もしかしたら君なんじゃないのか
今日も地球を回しているのは 平凡な僕たちじゃないのか

平凡な僕たちじゃないのか

Good Morning, oh I love you

馬場俊英について

1996年2月21日、シングル『星を待ってる』でフォーライフよりデビュー。 2005年1月、FM東京系JFN全国ネット「ASAHI SUPER DRY ACCESS ALL AREA」番組内で「人生という名の列車」を書き下ろし、大反響を受ける。
馬場俊英の人気歌詞
ボーイズ・オン・ザ・ラン

Hey Boys do it Do it ...

スタートライン~新しい風

もうダメさ これ以上は前に進めない そ ...

弱い虫

雨にも負けず 風にも負けないで 欲はな ...

人生という名の列車

人生という名の列車が走る 時代という名 ...

今日も君が好き

朝の光に目を覚ますと この頃は少しせつ ...

ラーメンの歌

つまらない嘘をついて いつまでも泣いてい ...

一瞬のトワイライト

信号待ちで ぼんやり街を眺めていたんだ ...

K点を超えるなら靴擦れを直せ

ハートせつなく 会話つたなく カーブを ...

青空

毎日の暮らしにふと気が滅入ったとき 小 ...

花火

そこに車停めて 外で少し休もう 川の近 ...

旅人たちのうた

得意な顔で並んだ 写真の中の僕らは い ...

昭和生まれの星屑野郎

番号! 1 2 3 4 5 6 7 み ...

スーパーオーディナリー

もしも巨人と阪神の選手が全員入れ替わった ...

君の中の少年

もう10年以上前の汗が 染み込んだ古いグ ...

最後まで

最後の最後まで 歩き続けよう 夢がある ...

100倍の微笑み

抱き合っても なんとなく唇を重ねても ...

アスファルトに咲く花

アスファルトに咲く花の色に 今日はなぜ目 ...

右と左の補助輪

指で数えてみれば すぐに辿れるほどの 季 ...

待ち合わせ

もしも君に逢えるのなら まず初めにどんな ...