evesta歌詞検索

演歌じゃないか(祭小春)の歌詞ページです。

演歌じゃないか 歌詞

歌:祭小春

作詞:三浦康照

作曲:小野彩

涙に負けては いけないと
浪花の風が 人情が
胸に今夜も しみるのよ
意地で支えた 女ののれん
お酒つぐ手に 幾年月の
耐えた苦労は 演歌じゃないか

誰にも云えない 恋もある
未練に泣いた 夜もある
男まさりの 細腕で
生きて来ました ただひとすじに
ひとり夜更けの 水掛不動
祈る姿は 演歌じゃないか

お酒でふれ合う 大阪の
巷の夜は 泣き笑い
悩み忘れて 歌うのよ
意気が売り物 女ののれん
ままにならない この世だけれど
それが人生 演歌じゃないか
祭小春の人気歌詞
博多舟

やさしい心に つつまれた 思い出ばかり ...

博多しぐれ

逢いに行きたい 行かれない しのび泣く ...

涙の地平線

果てなく続く どこまで続く 夢をさまよ ...

まっとう人生

人は誰でも その胸に 夢を抱きしめ 生 ...

居酒屋「あやめ」

赤提灯に 灯がともる 人影まばらな 裏 ...

浪花の花道

なにもいらへん あんたがいれば 惚れて ...

命船

海の男なら ひとりの女に 泣くな なげ ...

女のまつり

祭りだ 祭りだ ワッショイ ショイ 女 ...

御輿

年に一度の 祭りがあって 男甲斐性 ソ ...