evesta歌詞検索

泣きむし蛍(浜博也)の歌詞ページです。

泣きむし蛍 歌詞

歌:浜博也

作詞:槙桜子

作曲:岡千秋

赤いネオンの 水たまり
はぐれ蛍が 目を覚ます
きっと嘘つき あの男(ひと)も
命燃やして 何になる

夜にさすらう 女たち
みんな何故だか 似ています
ひとりふたりと 肩よせて
問わず語りの 涙虫

枕濡らして 夢の中
母さん 甘えていいですか
盆に帰れぬ わるい娘(こ)が
遠く手向(たむ)ける 女郎花(おみなえし)

にごり水でも 生きられる
そんな運命(さだめ)と 知りました
明日をさがして 宙(そら)に舞う
泣きむし蛍が 焦がれ泣き
浜博也の人気歌詞
今夜はパートナー

星の流れる夜に めぐり逢ったのさ カウ ...

似た者どうし

宵の口から したたか呑めば 親父の姿が ...

情け雨

後は追わない 約束の 小指からめる ひ ...

盛り場たずねびと

噂の糸を たぐりよせ 追ってきたのさ  ...

雪折れの宿

雪に埋もれる 竹の小径 明日を語れぬ  ...

港に向いた窓

ため息まじりの 霧が流れて 女は今夜も ...

東京泣きぼくろ

泣いているのか まつげ濡らして なぜか ...

愛しい男よ

海鳴り間近な 最果(さいは)ての駅 霧 ...

ドルチェ・ヴィータ

泣いているんだね おまえの肩がふるえて ...

夢あるかぎり

夢あるかぎり 命のかぎり いつまでも ...