evesta歌詞検索

海峡の宿(伍代夏子)の歌詞ページです。

海峡の宿 歌詞

歌:伍代夏子

作詞:喜多條忠

作曲:若草恵

人をだました こともない
ふたりが世間を だましてる
あなたの指が 頬紅に
やさしく触れる そのあとを
涙 涙 ひと筋 こぼれます

このままでいいですか
このままが このままがいいですか
朝がふたりを 引き離すまで
抱いて 抱いて 抱いてください
海峡の宿

海に黄色い 橋あかり
淋しい女の 首飾り
あなたにめぐり 逢うまでは
泣くのは負ける ことでした
こころ こころ 鞭打ち 生きて来た

甘えてもいいですか
はじけても はじけてもいいですか
朝がふたりを 引き離すまで
夢を 夢を 夢を見させて
海峡の宿

このままでいいですか
このままが このままがいいですか
朝がふたりを 引き離すまで
抱いて 抱いて 抱いてください
海峡の宿

伍代夏子について

昭和62年にシングル「戻り川」でデビューし、35万枚を売り上げるロング・セラーを記録した。「忍ぶ雨」(平成2年)、女の淋しさを描く「恋挽歌」(平成3年)、故郷の母を想う「雪中花」(平成4年)などを立て続けにヒットさせ、紅白歌合戦出場や全日本有線大賞受賞などを果たした。平成11年12月には俳優の杉良太郎と入籍し、女性として、歌手としての魅力に一層の磨きをかけている。
伍代夏子の人気歌詞
金木犀

路地にこぼれる 金木犀の 香りに揺れる ...

雪中花

風に風に 群れとぶ鴎 波が牙むく 越前 ...

ひとり酒

あなたと肩を並べて飲んだ お酒が恋しい ...

鳴門海峡

髪が乱れる 裳裾が濡れる 風に鴎が ち ...

花つむぎ

雪の中から ひと彩(いろ)紅く 花を咲 ...

肱川あらし

非の打ちどころの ない人なんていませんよ ...

津軽半島

三味線(しゅみ)の太悼 響くよに 波が ...

ホの字屋の女房

殿方(おとこ)の人はいいですね お酒のラ ...

満月

燃える西陽を 浴びながら 真っ赤に染ま ...

戻り川

涙みせたら あなたが困る いいの いい ...

女のまこと

さむい夜更けの 盃に 男は夢を うかべ ...

ほろよい酒場

惚れた男は 気ままな夜風 今夜はどちら ...

北の舟唄

山背が吠えて 海鳴りなけば 船は港で ...

忍ぶ雨

人目にふれる 花よりも 影で寄り添う ...

夢待ち港

汽笛がひとつ 鳴るたびに お酒注(つ) ...

霧笛橋

胸におさめた はずなのに 霧も隠せぬ ...

霞草

小雨に打たれて 咲く時を知る 咲いては ...

月の宿

月を映した 湯舟に浸り 洗い流そか 未 ...

ふたり坂

ひとりは冷たい この世でも 寄り添うふ ...

ガス燈

銀杏の並木に 傘の花が咲く それぞれの ...