evesta歌詞検索

秋櫻の頃(あさみちゆき)の歌詞ページです。

秋櫻の頃 歌詞

歌:あさみちゆき

作詞:高田ひろお

作曲:杉本眞人

いくつかの 盆が過ぎ
いくつかの 齢を取る
秋の日和の 陽だまりのなかを
亡き父は 縁側に
いつも湯呑みを 置いていた

コスモスが 咲いている
風がきて 揺れている
そんな風情に 目を細めながら
一服の 茶を啜る
静けさ好む 父でした

取り越し苦労を してきたような
父の目元の 笑い皺
過ぎた昔を 懐かしむように
湯呑みを包む 父の手を
おもいだします 今も 今も…

こつこつと 働いて
愚痴さえも こぼさずに
妻を愛して 子どもを愛して
ささやかな 人生を
ひたむきに生きた 父だけど

手にとれば 重たくて
古びてる 欠けている
茶渋のついた 湯呑み茶碗に
亡き父は 何を思い
何を語って いたのでしょう

取り越し苦労を してきたような
父の目元の 笑い皺
揺れるコスモス 慈(いつく)しむような
静かな父の まなざしを
おもいだします 今も 今も…

取り越し苦労を してきたような
父の目元の 笑い皺
過ぎた昔を 懐かしむように
湯呑みを包む 父の手を
おもいだします 今も 今も…

あさみちゆきについて

1993年  BS勝ち抜き歌謡選手権 福山大会チャンピオン 2002年  ギターの弾き語りで、ストリートライブをスタート。 2003年  4月23日 『紙ふうせん』でデビュー。      6月17日 「NHK歌謡コンサート」に出演。       12月17日 セカンドシングル『港のカラス』リリース。 2004年  10月21日 サードシングル『井の頭線』リリース。 2005年  12月16日 4thシングル『砂漠の子守唄』リリース。
あさみちゆきの人気歌詞
あさがお

仕立ておろしの 浴衣着て ひと箸つけた ...

水中花

線香花火チリチリと 松葉模様描いてる ...

さよならをいう気もない

ハイヒールのかかとが折れて歩けない あ ...

泣きたいときは

泣きたいときは 空を見るよ 涙 あふれ ...

黄昏シネマ

十年ぶりに 降りた駅 想い出たずねて  ...

世迷い言

窓打つ木枯らし みぞれがまじる デジタ ...

鮨屋で…

小肌を切って 熱燗二合 それと この娘 ...

金魚すくい

…赤い金魚が欲しかった 私はあなたが欲 ...

恋華草~おれとあたし~

酔いどれて靴をぬぎ あなたの 背にもた ...

紙ふうせん

あなたに出逢って この胸の つぶれた夢 ...

港のカラス

憎い恋しい あの人は わたしに何も 云 ...

すみれアパート

あなたは 深夜の コンビニで わたしは ...

本牧ららばい

想い出さえも 吹き飛ばす 本牧埠頭の  ...

青春のたまり場

純愛がぶつかれば 時に傷つけ その後で ...

井の頭線

永福町で電車が停まる 急行の待ち合わせ ...

サンゴ草の詩

北の最果て 能取湖(のとろこ)の 短い ...

ひらめきも ときめきも

悲しいドラマにすっかり飽きてしまい コ ...

夜桜蝶々

十五で覚えた ため息は 二十歳のときに ...

泣かせ屋

月に向かって 歩いたら 袋小路の ゆき ...

濡れた瞳

昨日 大人に扱われ 今日は 子供と捨て ...