evesta歌詞検索

半身創痍(鴉)の歌詞ページです。

半身創痍 歌詞

歌:

作詞:近野淳一

作曲:近野淳一

風の中に僕を残して
消え去る影 届かない
割れたひとつ 今更それが
ふたつとして舞い散った

あっという間の出来事が
未完成なトンネルを超特急で駆け抜けていく

願い事は星になったまま
歪な純情をぶらさげ明日へ帰れない

風の中に僕を残して
消え去る影 届かない
割れたひとつ 今更それが
ふたつとして舞い散った

ひとりという怖さなどなかったのに
半分という証明がそれ押し付けてくる

いつも見てた景色の色が
剥がれ落ちていく頃に

僕の思い出の中にだけ
またひとつ花が咲く

枯れることなく汚れるほど輝いて

割れたけれどいつか僕自身
ひとつとしてありますように

半身創痍について

「半身創痍」は、鴉が2010年12月8日にリリースしたファーストフルアルバム「未知標」に収録されています。
鴉の人気歌詞
巣立ち

咲き乱れし夜の街に真昼間の眼 届くはず ...

夢を見たよ 僕が死んだとき 全ての幕が ...

天使と悪魔

そうさ 誰も嫌いさ ニヤリと廊下 笑っ ...

手紙

手紙を書くよ 君のために 昨日できたメロ ...

最後の歌

もう二度と もう二度と 君のため歌えぬ ...

時の面影

飛び立っていくよ 消え去っていくよ ...

残像

もう嫌いでしょう そういうことでしょう ...

小さな僕

まだまだやれると得意顔 あの頃望みは大 ...

曇りなき私

触ってはいけない わかっていたこと で ...

風のメロディ

ずっと待ってるよ 風のメロディ 凍えた ...

茜空

悲しい悲しいお話の続きさ いつでも君を ...

爽鬱

ひとりなのかい? 君はいつもそうやって ...

Am

泣かないでこれ以上 笑ってなんて言わな ...

弧ノ儘

最初の悲しみを捨てられず君がいて 最初 ...

劣等星

君に何が僕に何が言えたのだろうか 今宵 ...

季節外れ

この空も この僕も 誰かの景色さ 届か ...

安物の私達

迷った手を握り締め まんまと安心に包ま ...

黒髪ストレンジャー

あっという間に心は奪われてしまったよ ...

夏色

風と夏草の囁きに太陽が笑った 私は曇り ...