evesta歌詞検索

悲しい酒(松山千春)の歌詞ページです。

悲しい酒 歌詞

歌:松山千春

作詞:石本美由起

作曲:古賀政男

ひとり酒場で 飲む酒は
別れ涙の 味がする
飲んで棄てたい 面影が
飲めばグラスに また浮かぶ

酒よこゝろが あるならば
胸の悩みを 消してくれ
酔えば悲しく なる酒を
飲んで泣くのも 恋のため

一人ぼっちが 好きだよと
言った心の 裏で泣く
好きで添えない 人の世を
泣いて怨んで 夜が更ける

松山千春の人気歌詞

愛することに疲れたみたい 嫌いになった ...

大空と大地の中で

果てしない大空と広い大地のその中で い ...

君を忘れない

君は砕け散った 夢のかけら ひとつひとつ ...

長い夜

恋にゆれる 心ひとつ お前だけを 追い ...

旅立ち

私の瞳が ぬれているのは 涙なんかじゃ ...

銀の雨

貴方と暮らした わずかな時間 通り過ぎ ...

季節の中で

うつむきかけた貴方の前を 静かに時は流 ...

つかの間のやさしさに 愛をゆだねて 貴 ...

君のために作った歌

何気なく口ずさむ 唄だけど せめて君に ...

小さな窓から見える この世界が僕の全て ...

限りある命

もどらない若い日を 貴方と生きる ...

ふるさと

喫茶店でほほづえついて 誰か待つよなふ ...

凡庸

何もできないと思い悩むよりは せめて悔 ...

人生の空から

深く耳をすませば 朝一番の汽笛 街はに ...

祈り

さよならも 言えないまま 貴方から離 ...

ひまわり

いくつもの ひまわりに ささやいた 君が ...

貴方のことで

貴方のことで 心の中が あふれたのなら ...

夜明け

どれ程 目をこらしたなら 明日が見えるの ...

純 -愛する者たちへ-

どんなに愛しても 愛したりない あなた ...

時代をこえて

何もかもがいやに なりかけていた ...