evesta歌詞検索

2020年の遺言(松山千春)の歌詞ページです。

2020年の遺言 歌詞

歌:松山千春

作詞:松山千春

作曲:松山千春

2020年まで 自分が生きていられるかどうかは分りません
しかし娘は家庭を持って幸せに暮している事と思います
矢川ちゃん、上木ちゃん、
特に浜地さんはとんでもなく元気な事と思います
浅田さん、上杉さん、鈴木さんも お変り無い事と信じております
良太、亀井、洋、今が一番大切な時期だと思うよ
今頑張らなくて いつ頑張るんだ
遊ぶにしても中途半端はいかんよ 中途半端は

空よ いつでも僕を見てたね 何も誇れるものは無いけど
自由に 自由に 生きて いたよね

紳次郎、高山、杉岡、いつも迷惑ばかりかけてたよな
鈴置、A作、よくも俺を保証人にして金借りてくれたよな
桑原、室田、宮垣、サブ、コンサートで全国廻れて良かったよ
おおくの人にめぐり逢えたし 忘れられない 忘れられないよ
竹田さん いいですか 一体俺のどこが良かったんですか 教えて下さい
そして竹田さん俺 間違った歌 歌ってないですよね

空よ いつでも僕を見てたね 何も誇れるものは無いけど
自由に 自由に 生きて いたよね

2020年まで 自分が生きていられるかどうかは分りません
でもみんな元気で面白おかしく自分らしく生きて下さい

おっ それからマネージャーの元 残った俺の女房の事 頼むよな
何せ あいつは俺より 1つ年上だからな

空よ いつでも僕を見てたね 何も誇れるものは無いけど
自由に 自由に 生きて いたよね
自由に 自由に 生きて いたよね

松山千春の人気歌詞

愛することに疲れたみたい 嫌いになった ...

大空と大地の中で

果てしない大空と広い大地のその中で い ...

君を忘れない

君は砕け散った 夢のかけら ひとつひとつ ...

長い夜

恋にゆれる 心ひとつ お前だけを 追い ...

旅立ち

私の瞳が ぬれているのは 涙なんかじゃ ...

銀の雨

貴方と暮らした わずかな時間 通り過ぎ ...

季節の中で

うつむきかけた貴方の前を 静かに時は流 ...

つかの間のやさしさに 愛をゆだねて 貴 ...

君のために作った歌

何気なく口ずさむ 唄だけど せめて君に ...

小さな窓から見える この世界が僕の全て ...

限りある命

もどらない若い日を 貴方と生きる ...

ふるさと

喫茶店でほほづえついて 誰か待つよなふ ...

凡庸

何もできないと思い悩むよりは せめて悔 ...

人生の空から

深く耳をすませば 朝一番の汽笛 街はに ...

祈り

さよならも 言えないまま 貴方から離 ...

ひまわり

いくつもの ひまわりに ささやいた 君が ...

貴方のことで

貴方のことで 心の中が あふれたのなら ...

夜明け

どれ程 目をこらしたなら 明日が見えるの ...

純 -愛する者たちへ-

どんなに愛しても 愛したりない あなた ...

時代をこえて

何もかもがいやに なりかけていた ...