evesta歌詞検索

戻り橋暮色(大月みやこ)の歌詞ページです。

戻り橋暮色 歌詞

歌:大月みやこ

作詞:杉紀彦

作曲:徳久広司

(台詞)
大阪は みなみの新地のあたりに
子連れの女が流れてきまして ちょっと大きな声では
人に言えん様な商売をはじめたんです
どこの誰の子やら回りの誰も知りませんでした
その子が少し大きゅうなって
いつやったか母親に聞いたんですわ
(うちのお父ちゃんどこにいたはんのん)
女のこたえは いっつも決ってました
(あんたのお父ちゃんはな戦争に行ったはんねん)
それからしばらくたって その女に 新しいええ人が出来まして
ちょこちょこ家にも来る様になりました
(このおっちゃん どこの人やのん) 子供に聞かれて
(何ゆうてんねん あんたのお父ちゃんやないか
戦争から帰ってきやはったんや) 女はそうこたえました
ようあることですねんけど
三ヶ月程たったら その男はもう来んようになりまして
女は毎日泣いとりました それを見て その子が
(お母ちゃん お父ちゃん又戦争に行かはったんやろ
そんなら うち もどってきゃはるまで
毎日あの橋のとこへむかえに行ったるさかい もうないたらあかん)
その橋ですけど 戦争が終る頃まで もどり橋と 呼ばれてたそうです

西陽の橋を 陽炎(かげろう)みたいに
ゆらゆらあの人消えて行(い)く うそやない……
あの人にみんな上げた
すきやったから何もかもあげた
一人前(いちにんまえ)に愛されるほど
きれいな女じゃないけれど
涙ぽろぽろ三人前(さんにんまえ)
誰も帰って来ないから
泣いてます 泣いてます 戻り橋

私のいのち 奪ってくれたら
こんなに涙は流さない うそやない……
あの人は優しかった
私にだけは優しさをくれた
やくざな人と皆んなが怖れ
背中の傷あと見たけれど
それは心の古い傷
誰も帰って来ないから
暮れて行(ゆ)く 暮れて行(ゆ)く 戻り橋
一人前(いちにんまえ)に愛されるほど
きれいな女じゃないけれど
涙ぽろぽろ三人前(さんにんまえ)
誰も帰って来ないから
泣いてます 泣いてます 戻り橋

大月みやこについて

昭和39年6月20日「母恋三味線」でキングレコードよりデビュー 。昭和59年度 全日本有線大賞特別賞 (女の港)平成4年度  第34回日本レコード大賞 大賞 (白い海峡)など受賞多数。
大月みやこの人気歌詞
女の港

口紅が 濃すぎたかしら 着物にすれば ...

手酌さのさ

ひとりでやります 手酌がいいわ 今夜は ...

夢日記

なにが欲しいと 聞かれたら 愛が欲しい ...

白い海峡

人はみな故郷が 恋しくなって 一度は泣 ...

恋ものがたり

別れてあげます 身をひいて あなたお願 ...

根室海峡

髪が長けりゃ 切り捨てまする 顔が白け ...

氷雪の岬

どこに流れて ゆきますか 凍えて割れた ...

女の駅

もいちど抱いてね あなた 雪が泣く お ...

霧笛の宿

霧笛がしみます 雪の夜 わたしはあなた ...

くらやみ橋から

(台詞) 昭和十年頃の事やったそうです ...

西陽

西陽の差し込む窓から あなたの 面影さ ...

乱れ花

額の髪を 掻きあげながら 鏡にむかえば ...

ともしび

カーテンを そっと開けて おはようと  ...

恋歌しぐれ

女という字を また書いていた 運命(さ ...

銀座の蝶

ほこりまみれの 巷の夕陽 ビルにかくれ ...

大阪夜霧

好きになっては いけないと 誰も教えて ...

儚な川

聞かせて下さい もういちど おまえが好 ...

終着駅にて

燃えて 燃えて 燃えて 燃えてあなたの胸 ...

花宴

いろんな事が あったわ 騙されたことも ...