evesta歌詞検索

くらやみ橋から(大月みやこ)の歌詞ページです。

くらやみ橋から 歌詞

歌:大月みやこ

作詞:杉紀彦

作曲:徳久広司

(台詞)
昭和十年頃の事やったそうです
倉敷の方から出て来た女学生が一人
与謝野晶子みたいになるんや言うて 昼間は学校へ
夜はカフェで働いてましてん
世の中えらい不景気な時代で仕事にあぶれた人がおおて
カフェにのみにくる男達も
みんなどことのう 破れかぶれみたいな人たちばっかりでした
そんな時代やったから
田舎から出て来た女学生が
泥まみれになるのにそう長い時間はかかれしませんでした
「あの娘(こ) 酒でものましたってみいな
誰とでも すぐやで」
そんな噂をたてられながらも
その娘(こ)がつくる短歌とやらは
東京の偉い先生にも認められるものやったそうです
くらやみの この世の橋をのぞいたら
朝もくらやみ 昼もくらやみ
作りためた 柳ごおり いっぱいの短歌
この橋から 投げすててしもた日
まるで雪のように その娘(こ)の命も散ってしもたそうです
それ以来この橋
くらやみ橋と呼ばれてますねん

からころから からころから
二十そこらを 生きて来て
くらやみ橋から何捨てる
生きていたってしょうがない
死んでみたってしょうがない
夢を捨てれば軽くなる
心捨てれば軽くなる
どこへ行(ゆ)きましょ
これから一人……

からころから からころから
星のふる夜に 駈けて来て
くらやみ橋から何捨てる
生きていたってしょうがない
死んでみたってしょうがない
胸にざわざわすきま風
涙かわいてすきま風
どこへ行(ゆ)きましょ
これから一人……

生きていたってしょうがない
死んでみたってしょうがない
昔すててもしょうがない
あしたすててもしょうがない
どこへ行(ゆ)きましょ
これから一人……

大月みやこについて

昭和39年6月20日「母恋三味線」でキングレコードよりデビュー 。昭和59年度 全日本有線大賞特別賞 (女の港)平成4年度  第34回日本レコード大賞 大賞 (白い海峡)など受賞多数。
大月みやこの人気歌詞
女の港

口紅が 濃すぎたかしら 着物にすれば ...

手酌さのさ

ひとりでやります 手酌がいいわ 今夜は ...

夢日記

なにが欲しいと 聞かれたら 愛が欲しい ...

白い海峡

人はみな故郷が 恋しくなって 一度は泣 ...

恋ものがたり

別れてあげます 身をひいて あなたお願 ...

根室海峡

髪が長けりゃ 切り捨てまする 顔が白け ...

氷雪の岬

どこに流れて ゆきますか 凍えて割れた ...

女の駅

もいちど抱いてね あなた 雪が泣く お ...

戻り橋暮色

(台詞) 大阪は みなみの新地のあたり ...

霧笛の宿

霧笛がしみます 雪の夜 わたしはあなた ...

西陽

西陽の差し込む窓から あなたの 面影さ ...

乱れ花

額の髪を 掻きあげながら 鏡にむかえば ...

ともしび

カーテンを そっと開けて おはようと  ...

恋歌しぐれ

女という字を また書いていた 運命(さ ...

銀座の蝶

ほこりまみれの 巷の夕陽 ビルにかくれ ...

大阪夜霧

好きになっては いけないと 誰も教えて ...

儚な川

聞かせて下さい もういちど おまえが好 ...

終着駅にて

燃えて 燃えて 燃えて 燃えてあなたの胸 ...

花宴

いろんな事が あったわ 騙されたことも ...