山小屋の灯 歌詞

歌:近江俊郎

作詞:米山正夫

作曲:米山正夫

黄昏の灯は ほのかに点りて
懐しき山小舎は 麓の小径よ
想い出の窓に凭り 君を偲べば
風は過ぎし日の 歌をば囁やくよ

昏れゆくは白馬か 穂高は茜よ
樺の木のほの白き 影も薄れゆく
寂しさに君呼べど 我が声空しく
遙か谷間より 谺はかえり来る

山小舎の灯は 今宵も点りて
独り聴くせせらぎも 静かに更けゆく
憧れは若き日の 夢をのせて
夕べ星のごと み空に群れ飛ぶよ
近江俊郎の人気歌詞
湯の町エレジー

伊豆の山々 月あわく 灯りにむせぶ 湯 ...

山小舎の灯

黄昏の 灯は ほのかに点りて 懐しき山 ...

南の薔薇

南のばらそよ風に ほほえむ君の姿 胸 ...

別れの磯千鳥

逢うが別れの はじめとは 知らぬ私じゃ ...