evesta歌詞検索

ジーザス小父さん(あさみちゆき)の歌詞ページです。

ジーザス小父さん 歌詞

歌:あさみちゆき

作詞:ちあき哲也

作曲:杉本眞人

飢えた狼みたいな 瞳(め)をしていたか知れない
無垢なからだが 仕方なしに女に変わる頃…
家庭(いえ)がどうとか 同情だとか
噛みつきたいほど うざったくて
ホームレスのジーザス小父さん あなたに会えてよかった
「生きてりゃいいさ 人間捨てたもんじゃないさ」と
強(きつ)いタバコをくれたね
通る人は 空きボトルでも蹴るように
蔑(さげす)みながら過ぎたけど
段ボールにふたり寝転んで 見上げた星空
ジーザス ジーザス あの蒼(あお)さ 忘れない

誰もおとなが不潔に 思える年令(とし)があるよね
たまに顔出す 父の媚(こび)が死ぬほど嫌(いや)だった…
愛もないのに 別れもしない
都合のいい母 軽蔑した…
髪の長いジーザス小父さん あなたにそして救われ
この世の居場所 到頭、探し当ててみたのに
どこへ風来(ふら)りと消えたの…
時代(とき)は流れ あの公園はスーパーに
私もどじに親になって
もう二度とは遭(あ)えはしなくても ぐれずに来たこと
ジーザス ジーザス 「でかした」と言われたい

ホームレスのジーザス小父さん 娘とチャリを漕ぐたび
「生きてりゃいいね 私は捨てたもんじゃないね」と
遠いあなたに訊(たず)ねる
ルルル…

ジーザス ジーザス 人生をありがとう…


あさみちゆきについて

1993年  BS勝ち抜き歌謡選手権 福山大会チャンピオン 2002年  ギターの弾き語りで、ストリートライブをスタート。 2003年  4月23日 『紙ふうせん』でデビュー。      6月17日 「NHK歌謡コンサート」に出演。       12月17日 セカンドシングル『港のカラス』リリース。 2004年  10月21日 サードシングル『井の頭線』リリース。 2005年  12月16日 4thシングル『砂漠の子守唄』リリース。
あさみちゆきの人気歌詞
あさがお

仕立ておろしの 浴衣着て ひと箸つけた ...

水中花

線香花火チリチリと 松葉模様描いてる ...

さよならをいう気もない

ハイヒールのかかとが折れて歩けない あ ...

泣きたいときは

泣きたいときは 空を見るよ 涙 あふれ ...

黄昏シネマ

十年ぶりに 降りた駅 想い出たずねて  ...

世迷い言

窓打つ木枯らし みぞれがまじる デジタ ...

鮨屋で…

小肌を切って 熱燗二合 それと この娘 ...

金魚すくい

…赤い金魚が欲しかった 私はあなたが欲 ...

恋華草~おれとあたし~

酔いどれて靴をぬぎ あなたの 背にもた ...

紙ふうせん

あなたに出逢って この胸の つぶれた夢 ...

港のカラス

憎い恋しい あの人は わたしに何も 云 ...

すみれアパート

あなたは 深夜の コンビニで わたしは ...

本牧ららばい

想い出さえも 吹き飛ばす 本牧埠頭の  ...

青春のたまり場

純愛がぶつかれば 時に傷つけ その後で ...

井の頭線

永福町で電車が停まる 急行の待ち合わせ ...

サンゴ草の詩

北の最果て 能取湖(のとろこ)の 短い ...

ひらめきも ときめきも

悲しいドラマにすっかり飽きてしまい コ ...

夜桜蝶々

十五で覚えた ため息は 二十歳のときに ...

泣かせ屋

月に向かって 歩いたら 袋小路の ゆき ...

濡れた瞳

昨日 大人に扱われ 今日は 子供と捨て ...