evesta歌詞検索

お茶の水暮色(あさみちゆき)の歌詞ページです。

お茶の水暮色 歌詞

歌:あさみちゆき

作詞:さくらちさと

作曲:網倉一也

聖橋に 灯がともり
ニコライの 鐘が鳴る
秋の夕暮れ ためいき

心だけが 走り出す 遠い約束
色褪せぬままに 二年が過ぎた

この街で 暮らした日々を
あのひとは 忘れたかしら
ただ 気に なるの…

引越しの トラックが
坂道を 降りて行く
冬の木枯らし 吹いた日

離れてから なお募る 胸の想いに
悔いた夜もある 祈った朝も

この街の 想い出なんて
もうすべて 捨てたのかしら
ただ 気に なるの…

駅へ向かう 学生が 通り過ぎてく
橋の上ひとり 佇むわたし

逢いたくて ただ逢いたくて
あのひとの 面影探す
いま どこ ですか…


あさみちゆきについて

1993年  BS勝ち抜き歌謡選手権 福山大会チャンピオン 2002年  ギターの弾き語りで、ストリートライブをスタート。 2003年  4月23日 『紙ふうせん』でデビュー。      6月17日 「NHK歌謡コンサート」に出演。       12月17日 セカンドシングル『港のカラス』リリース。 2004年  10月21日 サードシングル『井の頭線』リリース。 2005年  12月16日 4thシングル『砂漠の子守唄』リリース。
あさみちゆきの人気歌詞
あさがお

仕立ておろしの 浴衣着て ひと箸つけた ...

水中花

線香花火チリチリと 松葉模様描いてる ...

さよならをいう気もない

ハイヒールのかかとが折れて歩けない あ ...

泣きたいときは

泣きたいときは 空を見るよ 涙 あふれ ...

黄昏シネマ

十年ぶりに 降りた駅 想い出たずねて  ...

世迷い言

窓打つ木枯らし みぞれがまじる デジタ ...

鮨屋で…

小肌を切って 熱燗二合 それと この娘 ...

金魚すくい

…赤い金魚が欲しかった 私はあなたが欲 ...

恋華草~おれとあたし~

酔いどれて靴をぬぎ あなたの 背にもた ...

紙ふうせん

あなたに出逢って この胸の つぶれた夢 ...

港のカラス

憎い恋しい あの人は わたしに何も 云 ...

すみれアパート

あなたは 深夜の コンビニで わたしは ...

本牧ららばい

想い出さえも 吹き飛ばす 本牧埠頭の  ...

青春のたまり場

純愛がぶつかれば 時に傷つけ その後で ...

井の頭線

永福町で電車が停まる 急行の待ち合わせ ...

サンゴ草の詩

北の最果て 能取湖(のとろこ)の 短い ...

ひらめきも ときめきも

悲しいドラマにすっかり飽きてしまい コ ...

夜桜蝶々

十五で覚えた ため息は 二十歳のときに ...

泣かせ屋

月に向かって 歩いたら 袋小路の ゆき ...

濡れた瞳

昨日 大人に扱われ 今日は 子供と捨て ...