evesta歌詞検索

玄冬記-花散る日-(谷村新司)の歌詞ページです。

玄冬記-花散る日- 歌詞

歌:谷村新司

作詞:谷村新司

作曲:谷村新司

通夜の夜には不釣合なほど
空一面の銀の星
黒い喪服の弔問客が
今日だけは明るい路地を抜けて

終電車が走り抜けた後
この部屋にも夜が来る
この空の下で暮らしている
他の人よりも長い夜が来る

酒にのがれて逃げてもみたい
大きな声で歌でも唄おうか
いつかは来ると今日という日が
いつかは来ると知っていた

おしい人を失くしましたねと
隣の部屋で声がする
聞こえるはずのない貴方でも
伝えてみました二月の闇に

旅に疲れる様になってきました
ホテルの窓から見る景色にも驚くことが
少なくなってきてしまいました
春がそこまできているというのに
胸さえときめかなくなりました
毎年毎年こんな風に何かを失くしながら
年を取ってゆくのかもしれません

貴方の胸に抱かれたかった
今夜しみじみそう思う
香の匂いにまぎれて香る
貴方が愛おしんだ冬の花

覚えてますか子供の頃に
買ってもらったズック靴
さよならすると貴方の後を
泣きながら追いかけた夏の夕暮れ

出逢える人の数よりもなお
別れる人の数が増えてきた
いつかは来ると今日という日が
いつかは来ると知っていた

通夜の夜には不釣合なほど
空一面の銀の星
泣きながら追いかけることさえ
出来ないくらい大人になりました


谷村新司について

アリスのメンバー(vo&g)として、ソロとして、長年に渡り親しまれている国民的アーティスト。71年にアリス結成。翌72年、「走っておいで恋人よ」でデビュー。81年のグループ解散までに、「チャンピオン」「冬の稲妻」「君の瞳は10000ボルト」など、数多くのビッグ・ヒットを放った。
谷村新司の人気歌詞
今ありて

新しい季節のはじめに 新しい人が集いて ...

群青

空を染めてゆく この雪が静かに 海に積 ...

Far away

こんなに遠く離れていても 夜毎心は 空 ...

目を閉じて 何も見えず 哀しくて目を開け ...

チャンピオン

つかみかけた熱い腕をふりほどいて君は出て ...

サライ

遠い夢すてきれずに 故郷(ふるさと)をす ...

22歳

白いシーツをまきつけ 背中でサヨナラの ...

いい日旅立ち

雪解け間近の北の空に向かい 過ぎ去りし ...

三都物語

胸さわぎの旅は いま始まって 時の流れ ...

ハーヴェスト

心の鍵を開けたら 深呼吸してみよう す ...

陽はまた昇る

夢を削りながら 年老いてゆくことに 気 ...

玄冬記

通夜の夜には不釣合なほど 空一面の銀の ...

ツバメ

あなたに続くこの道は やがて私に帰る ...

階 -きざはし-

海を渡る風は夢の匂い運び 燃ゆる瞳をな ...

儚きは

時代の風を ほほに感じて 見上げる空を ...

祇園祭

化野をぬけて 清滝へ向かう 祇園祭りの ...

忘れていいの

忘れていいのよ 私のことなど 一人で生 ...

秋止符

左ききのあなたの手紙 右手でなぞってみる ...

夜顔

気休めだけの言葉に 体も慣れたわ 今で ...

砂の道

歩いても 歩いても 歩いても 振りむか ...