evesta歌詞検索

宝来船祭り(鳥羽一郎)の歌詞ページです。

宝来船祭り 歌詞

歌:鳥羽一郎

作詞:山田孝雄

作曲:四方章人

御船屋(おふなや)吉兵衛(きちべえ) 音頭(おんど)取り
天にひと声 宝来(ホーラ)と掛けりゃ
待ってましたと 櫂方(かいかた)が
福を呼び込み 栄弥(エンヤ)と返す
幸(さち)が松江の 宝来船だよ
ホーランエンヤ ホーランエーエ エアサノサ

楠(くす)の木運んだ いにしえの
潮の流れに 満月灯り
瀬戸田水道 宮島へ
漕いで上がるは 櫂伝馬船(かいてんません)
孔雀(くじゃく)尾の道 宝来船だよ

めでたや初春(はつはる) おとこ節(ぶし)
艫(とも)に大黒(だいこく) 舳(みよし)に恵比寿
白い締め込み ひとっ飛び
取りに行こうぜ 一番祝い
豊後高田(ぶんごたかだ)の 宝来船だよ

海の神様 ありがとう
ホーランエンヤ ホーランエーエ エアサノサ


鳥羽一郎について

S57年 8月25日 日本クラウンより「兄弟船」で歌手デビュー。S58年12月 第16回全日本有線大賞“新人賞”受賞。 S60年 NHK紅白歌合戦に初出場。「
鳥羽一郎の人気歌詞
兄弟船

波の谷間に命の花が ふたつ並んで咲いて ...

カサブランカ・グッバイ

私はいつも あなたに言った 別れ話は ...

男の港

板子一枚 生命をはった 男度胸の 海が ...

北の鴎唄

山背が吠えれば こころも時化る 今夜は ...

男の庵

春まだ遠い 如月は 北風 襟立て 裏通 ...

中仙道

旅の空 日暮れて 街道に 湯煙りが流れ ...

天下布武

鎧かぶとに生命をあずけ 戦にかけた 天 ...

海の匂いのお母さん

海の匂いが しみこんだ 太い毛糸の チ ...

稚内ブルース

晴れれば浮かぶ サハリンの 島影呼んで ...

泉州春木港

五人も倅がありながら ひとりも船に乗る ...

兄弟酒

男が二人で 女がひとり 三角波だよ こ ...

儚な宿

雪をいじめる 湯煙りを よけて 積もれ ...

男のかぞえ唄

ひとつ…男が 泣く時ゃヨ 恋の破片(か ...

さすらい

夜がまた来る 思い出つれて おれを泣か ...

国府宮はだか祭

尾張の空から 天下にひびけと 勇壮絵巻 ...

祭り唄

帰る気になりゃ 日帰りで 行ける故郷も ...

下北漁港

生まれたときから 吹いていた 山背の風 ...

酒泊り

他人(ひと)の話か 明日の空か あてに ...

河内遊侠伝

ばかながきほど かわゆてならぬ 親ばか ...

龍の道

誠・・一文字 こころに染めて 刃(やい ...