evesta歌詞検索

紫陽花(七緒香)の歌詞ページです。

紫陽花 歌詞

歌:七緒香

作詞:七緒香

作曲:七緒香

濡れた砂の上をあなたと歩いた
まだ幼い私の歩幅に合わせて
「みてごらん この空の遠くで神様が
きみをずっと見守ってるよ」

夢のように儚く灰になったあなたを
受け止める術など知らない

何もかも思い出なんかにできない
あなたの声も笑顔も
泣くこともできずに冷たい頬に
ずっとずっと 触れてた

ゆるい坂の途中 舗道の片隅
飽きもせずあなたは紫陽花を見ていた
雨の中あなたの大きな手を引いて
「早く帰ろう」ってせがんだ

広げた手のひらに ぶつかる雨粒
あの日と変わらないこの道

何もかも思い出になってゆくんだね
あなたの声も笑顔も
せめて心の糸 解けぬように
強く 強く 繋ぐよ

いつか記憶が途切れあやふやでも
この手のぬくもりが覚えてる
敗れた翼を 空へ広げて
飛びたてる日まで ずっと見ていて

ずっと見ていて

七緒香について

1997年5月  シングル「恋は舞い降りた」でデビュー。
七緒香の人気歌詞
ミネラル

ざわめく街の中で ガードレールを飛び越 ...

カイト

私のカイトを知りませんか? いつの間に ...

恋は舞い降りた

似た者同士のふたり 出会ったばかりでも ...

ミネラル ~TV・アニメ「中華一番!」~

ざわめく街の中で ガードレールを飛び越 ...

なごり雪

汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にして ...

バイオリズム

雨あがり 広がる空 傘をたたんだ 真っ ...

命の水

剥がれ落ちた肉体に 魂が宿る時 悲しみ ...