evesta歌詞検索

感情のしっぽ (Album version)(七緒香)の歌詞ページです。

感情のしっぽ (Album version) 歌詞

歌:七緒香

作詞:七緒香

作曲:七緒香

キミのこと起こさないように
ゆっくりと寝顔 覗き込む
柔らかな腕 ボクに絡めたね
眠そうな目をこすって

ミエナイケシキ、ボクの世界
無意識に歪む境界線
今日も何ひとつ変わらない朝を
ボクたちは むかえていたよ

少し遅めの散歩道 バス停を過ぎるころ
ボクたちの間を さえぎるように雨が 真っすぐに降り注いだ

遠くても キミの足音が
ボクには聴こえるよ 心配しないで
思いつくままに行けばいい
言葉はなくても 汚れない愛が ここにあるから

キツクダイタ、キミの悲しみ
窓ガラスに映し出され
震える体 ボクに押し当てた
静かな悲鳴 聴こえたよ

ココロ近づけるたびに 悲しみ消えるように
ボクはただ必死に 感情のしっぽを ちぎれるくらい振ってた

モノクロの中 色づくキミが
ボクには見えるよ うつむかないで
静寂を破っておいでよ
授かった命が絶えるその日まで ここにいるから

遠くても キミの足音が
ボクには聴こえるよ 心配しないで
思いつくままに行けばいい
言葉はなくても 汚れない愛が ここにあるから

七緒香について

1997年5月  シングル「恋は舞い降りた」でデビュー。
七緒香の人気歌詞
ミネラル

ざわめく街の中で ガードレールを飛び越 ...

カイト

私のカイトを知りませんか? いつの間に ...

恋は舞い降りた

似た者同士のふたり 出会ったばかりでも ...

ミネラル ~TV・アニメ「中華一番!」~

ざわめく街の中で ガードレールを飛び越 ...

なごり雪

汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にして ...

バイオリズム

雨あがり 広がる空 傘をたたんだ 真っ ...

命の水

剥がれ落ちた肉体に 魂が宿る時 悲しみ ...