evesta歌詞検索

なごり雪(七緒香)の歌詞ページです。

なごり雪 歌詞

歌:七緒香

作詞:伊勢 正三

作曲:伊勢 正三

汽車を待つ君の横で僕は
時計を気にしてる
季節はずれの雪が降ってる
東京で見る雪はこれが最後ねと
さみしそうに君がつぶやく
なごり雪も降る時を知り
ふざけすぎた季節のあとで
今春が来て君はきれいになった
去年よりずっときれいになった

動き始めた汽車の窓に顔をつけて
君は何か言おうとしている
君のくちびるがさようならと動くことが
こわくて下をむいてた
時がゆけば幼い君も
大人になると気づかないまま
今春が来て君はきれいになった
去年よりずっときれいになった

君が去ったホームにのこり
落ちてはとける雪を見ていた
今春が来て君はきれいになった
去年よりずっときれいになった
去年よりずっときれいになった
去年よりずっときれいになった

七緒香について

1997年5月  シングル「恋は舞い降りた」でデビュー。
七緒香の人気歌詞
ミネラル

ざわめく街の中で ガードレールを飛び越 ...

カイト

私のカイトを知りませんか? いつの間に ...

恋は舞い降りた

似た者同士のふたり 出会ったばかりでも ...

ミネラル ~TV・アニメ「中華一番!」~

ざわめく街の中で ガードレールを飛び越 ...

バイオリズム

雨あがり 広がる空 傘をたたんだ 真っ ...

命の水

剥がれ落ちた肉体に 魂が宿る時 悲しみ ...