evesta歌詞検索

千年の古都(弦哲也)の歌詞ページです。

千年の古都 歌詞

歌:弦哲也

作詞:吉岡 治

作曲:弦 哲也

約束もなく 日が昏れて
衣笠山に 一番星です
蚊柱(かばしら)を追う 蝙蝠(こうもり)も
機織る音も 変わらないですね
夏は 火の車 抱いたまま
冬は 心に闇を 凍らせて
母が唄った 星の歌
あの星は あの星は
あなたにとって 何ですか
あぁ 時は身じろぎもせず
悠久のまま
あぁ 時は身じろぎもせず
悠久のまま
千年の古都

これほど星が 多いとは
玻璃(ガラス)の街で 忘れていました
根付の鈴を 嬉しさに
地蔵の辻で 鳴らしてみました
春は 秘めやかに 若葉雨
秋は 燃えたつような 曼珠沙華
母が祈った 流れ星
陽は昇り 陽は昇り
別離と出会い 繰り返す
あぁ 夢は老いることなく
悠久のまま
あぁ 夢は老いることなく
悠久のまま
千年の古都

あぁ 時は身じろぎもせず
悠久のまま
あぁ 時は身じろぎもせず
悠久のまま
千年の古都


弦哲也について

本名 田村正稔(たむらまさとし)
弦哲也の人気歌詞
我、未だ旅の途中

人も疎(まば)らな 駅前の 小さな灯を ...

犬吠埼~おれの故郷~

荒波が打ち寄せる 岬にひとり立ち あれ ...

長崎の雨

狭霧にかすんだ 外国船の 汽笛が出島の ...

大阪セレナーデ

アスファルトに 落とした涙 ヒールで踏 ...

夏井川

空にたなびく 春霞(はるがすみ) 続く ...

渡月橋

このままでいいね そうねこのままで あ ...

五能線

どこへ行ったら あなたから 旅立つこと ...

深谷宿ひとり旅

赤城おろしが のれんを揺らし 酒場(み ...

はぐれ蛍が よりそって しあわせ手さぐ ...

潮来雨情

後を引くのは 判っていても 想い出づく ...

帰り花

季節はずれて 淋しげに そっと一輪 咲 ...

演歌

悲しいだろう あんたはいつも 涙なんか ...

湯涌恋灯り

障子開ければ 外は細雪 寒くないのと  ...

御蔵島唄

帰ってくるなと 手を振れば 可愛い我が ...

やんちゃ酒

お酒 飲まなきゃ いい人だけど 飲んだ ...

新宿の月

新宿で 見る月に 白いウサギは 住めな ...

友よ、

友よ、 一番列車は もう着いたか 街 ...

我、未(いま)だ旅の途中

人も疎(まば)らな 駅前の 小さな灯を ...

月の砂漠

あなたの瞳は なんの色 月の裏側の 海 ...

雪の傘

涙の雨より 悲しいことは あなたと歩く ...