evesta歌詞検索

花ひとつ(大川栄策)の歌詞ページです。

花ひとつ 歌詞

歌:大川栄策

作詞:水木 れいじ

作曲:筑紫 竜平

俺のこころの 最後の恋と
決めていたのは 嘘じゃない
抱かずじまいの 花ひとつ・・・
おもいだしては 旅路の空に
祈る倖せ あヽ・・・届くなら

すがるその瞳を さしだす傘を
惚れていりゃこそ ふり捨てた
うしろ髪ひく 花ひとつ・・・
どこで夜雨の しずくに濡れて
俺を恨んで あヽ・・・泣くのやら

女ひとりで 淋しくないか
今度逢えたら 離さない
いまも命の 花ひとつ・・・
風に散るちる 忘れな草に
遠い面影 あヽ・・・また浮かぶ
大川栄策の人気歌詞
さざんかの宿

くもりガラスを 手で拭いて あなた明日 ...

目ン無い千鳥

目ン無い千鳥の高島田 見えぬ鏡にいたわ ...

雪ノ花

人並みの しあわせは とうの昔に 捨て ...

男春秋

ばちを持たせりゃ 玄海越えて やぐら太 ...

湯の町月夜

惚れているから 身をひきますと わずか ...

男一途

一つ頬っぺた 張られたら 俺は 二つに ...

博多ワルツ

一夜の博多で 見染めたあなた 淡い恋と ...

昭和放浪記

泣いて渡った 橋もある 酔って溺れた ...

恋の祭火

ねぶた祭が 闇を斬る おんな蛍が 身を ...

昭和浪漫~~第二章~

風に追われるように街を歩いてる 痩(や ...

つれて行けない 別れのつらさ 駅灯(あ ...

北の慕情

にぎりつぶした 別れの手紙 北の涯てま ...

わかれ恋歌

別れた人が 逢いにきた そんな夢みて ...

木枯紋次郎

縞の合羽が 越え行く峠 後姿が きにか ...

夜霧の再会橋

ここでおまえと 別れたときは うしろ姿 ...

おとこの酒よ(大川栄策ソロヴァージョン)

なんだかんだと いいながら よくぞ今日 ...

灯火

なにを夢見て この腕まくら 濡らす涙の ...

雨の永東橋

雨の永東橋は思い出ばかり 傘をさしだす ...

裏町しぐれ

世間の噂を 気にして生きて 幸せやれな ...

港雨

下駄で小走り 手を振る女 やがて港に ...