evesta歌詞検索

歌謡浪曲「港子守歌」 ~蝶々夫人に寄せて~(藤あや子)の歌詞ページです。

歌謡浪曲「港子守歌」 ~蝶々夫人に寄せて~ 歌詞

歌:藤あや子

作詞:下地亜記子

作曲:小野彩

はよ寝ろ 泣かんで おろろんばい
おろろん おろろん おろろんばい

鴎の数より なお多い
涙ため息 哀しみよ
騒がないでね 海鳴りよ
遠い想い出 目を覚ます
はよ寝ろ 泣かんで おろろんばい
おろろん おろろん おろろんばい
風よ歌って 子守歌 港子守歌

(台詞)
やさしいピンカートン様の愛につつまれて
蝶々は幸せでございました。
しかし、とつぜんにピンカートン様に
大統領様から帰国命令が
下ったのでございます・・・。
あれから二年・・・可愛い坊やとふたりで
あの方のお帰りを待つ、
苦しいつらい毎日でした。
そして或る晴れた日にワシントン号が、
この長崎に帰って来たのでございます。
あの方は、あの方は、
新しい妻ケートさんを連れて・・・

(浪曲)
いとしい人に 逢える日を
ただ ひとすじに 夢に見て
耐えて 忍んだ ふたとせよ

あの日誓った 約束も
母と呼ばれる 喜びも
返らぬ夢か まぼろしか
声はとどかず あー消えてゆく

熱い口づけ 恋しいの
灼けた素肌が 恋しいの
あなたに逢いたい 今すぐに
夜更けぐずるか 恋心
はよ寝ろ 泣かんで おろろんばい
おろろん おろろん おろろんばい
海よ歌って 子守歌 港子守歌

(台詞)
朝も昼も闇また闇、
いつ日が昇りいつ日が沈むのか・・・
それはもう蝶々には
関わりのない事でございます。
今頃は、船はもう、はるか海の上・・・
あの子は新しい母に抱かれておりましょう。
もう蝶々には抱くものは何も、
何も無いのでございます。

はよ寝ろ 泣かんで おろろんばい
おろろん おろろん おろろんばい

はよ寝ろ 泣かんで おろろんばい
おろろん おろろん おろろんばい
波よ歌って 子守歌 港子守歌

藤あや子について

89年に「おんな」で華々しくシーンに登場。いきなり、20万枚を越える好セールスを記録した。以来、「雨夜酒」「こころ酒」「女のまごころ」と着実にヒットを飛ばし、不動の地位を獲得。
藤あや子の人気歌詞
むらさき雨情

いのちを惜しむ 私なら あなたについて ...

雨夜酒

あなたが消えた 雨の中 ひとりぽっちに ...

紅い糸

死にたいなんて 男のあんたに 言って  ...

ふたり道

降り止まぬ雨などないと 私を強く抱いた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

(セリフ)紅をひきました。似合いますか… ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

花のワルツ

夢で逢いたい抱かれたい あなたの愛の ...

み・れ・ん

死ねというなら 死ぬかくご できていま ...

角館恋灯り

枝垂(しだ)れ桜花びらが 小雪のように降 ...

秋田音頭 -AKITA・ONDO- Ayako Mix(藤あや子ソロバージョン)

ヤートセー コラ 秋田音頭です (ハイ ...

しあわせ春秋

男の値打ちは 姿じゃないわ まして上辺 ...

おばこ巡礼歌

北の岬に 夕陽が散って ひとり旅には ...

うたかたの恋

蛇の目の傘で 人目をさける ふたりの肩 ...

女のまごころ

あなたがいないと 生きて行けない 強い ...

忘れはしないよ 時が流れても いたずら ...

小心者

あなたの おさえめな話し方や いつも ...

忘却の雨

ゆるやかな 坂道を登っていくと 降るは ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...