evesta歌詞検索

一粒の砂(村下孝蔵)の歌詞ページです。

一粒の砂 歌詞

歌:村下孝蔵

作詞:村下 孝蔵

作曲:村下 孝蔵

夜空を埋めてる星くずに
ひとつひとつ名をつけた
果てなく広がる地平線
街の灯り探した

人の気持ち繋いでる
何か大切なもの見つめてた

金と銀との心を抱え
月の砂漠を一人歩いた
昼と夜との隙間を抜けて
涙の河を泳ぎ続けた
ひとりぼっちで

道草している旅人に
数え切れず 恋をした
命に限りはあるけれど
愛の形さぐった

雨に濡れた夢を見て
切なく悲しい雲を引きずり

金と銀との衣装を捨てて
月の砂漠を二人歩いた
夏から冬へ季節を重ね
裸のままで流れ続けた
ゆくあてもなく

炎ふたつ合わせても
大きな炎になり燃えつきる

金と銀との幻を見た
月の砂漠に浮かぶ蜃気楼

白い朝たどり着く旅路の果てに
待っている太陽の光信じて

金と銀との心を抱え
月の砂漠をみんな歩くよ
昼と夜との隙間を抜けて
一粒の砂 落ちてゆくように
ひとりぼっちで


村下孝蔵の人気歌詞
踊り子

答えを出さずに いつまでも暮らせない ...

初恋

五月雨は緑色 悲しくさせたよ一人の午後 ...

陽だまり

蝉時雨 遥か すだれごしに 水を打つ ...

少女

白い壁を染めて 草笛が響く丘 菜の花と ...

ゆうこ

記憶の陰にぽつりと座り 淋しげに 白い ...

ロマンスカー

愛を貯めてた 少しずつ 君を満たしてい ...

かざぐるま

叶わぬ恋と決めつけても あきらめきれない ...

春雨

心を編んだセーター 渡す事もできず 一 ...

この国に生まれてよかった

春夏秋冬(はるなつあきふゆ) 繰り返す ...

月あかり

朧月夜に障子を開けて 注しつ注されつほ ...

同窓会

夜汽車が走る 星を目指して 丘の上で僕 ...

ネコ

いつもぼくは おまえのこと 「ネコ」と ...

風のたより

久しぶり君から届いた手紙 潮の香りがし ...

ソネット

葡萄色の街並み 寂しさがつもり 家路 ...

夢のつづき

あなたの夢を聞かせて そうしていると ...

花れん

もしも 花びらを集めて 青空に 心をか ...

レンガ通り

古いレンガ通りのなつかしいアパートの ...

夢の跡

階段を登れば 街並が見える丘 霧立つ夕 ...

ねがい

まるで雫が葉をすべり 虹がきらめく雨上が ...

禁じられた遊び

笹の葉と月の光 夜空に天の川 七夕の短 ...