evesta歌詞検索

京都から博多まで(あさみちゆき)の歌詞ページです。

京都から博多まで 歌詞

歌:あさみちゆき

作詞:阿久 悠

作曲:猪俣 公章

肩につめたい 小雨が重い
思いきれない 未練が重い
鐘が鳴る鳴る 憐れむように
馬鹿な女と 云うように
京都から博多まで あなたを追って
西へ流れて 行く女

二度も三度も 恋したあげく
やはりあなたと 心にきめた
汽車が行く行く 瀬戸内ぞいに
沈む気持を ふり捨てて
京都から博多まで あなたを追って
恋をたずねて 行く女

京都育ちが 博多になれて
可愛いなまりも いつしか消えた
ひとりしみじみ 不幸を感じ
ついてないわと 云いながら
京都から博多まで あなたを追って
今日も逢えずに 泣く女


あさみちゆきについて

1993年  BS勝ち抜き歌謡選手権 福山大会チャンピオン 2002年  ギターの弾き語りで、ストリートライブをスタート。 2003年  4月23日 『紙ふうせん』でデビュー。      6月17日 「NHK歌謡コンサート」に出演。       12月17日 セカンドシングル『港のカラス』リリース。 2004年  10月21日 サードシングル『井の頭線』リリース。 2005年  12月16日 4thシングル『砂漠の子守唄』リリース。
あさみちゆきの人気歌詞
あさがお

仕立ておろしの 浴衣着て ひと箸つけた ...

水中花

線香花火チリチリと 松葉模様描いてる ...

さよならをいう気もない

ハイヒールのかかとが折れて歩けない あ ...

泣きたいときは

泣きたいときは 空を見るよ 涙 あふれ ...

黄昏シネマ

十年ぶりに 降りた駅 想い出たずねて  ...

世迷い言

窓打つ木枯らし みぞれがまじる デジタ ...

鮨屋で…

小肌を切って 熱燗二合 それと この娘 ...

金魚すくい

…赤い金魚が欲しかった 私はあなたが欲 ...

恋華草~おれとあたし~

酔いどれて靴をぬぎ あなたの 背にもた ...

紙ふうせん

あなたに出逢って この胸の つぶれた夢 ...

港のカラス

憎い恋しい あの人は わたしに何も 云 ...

すみれアパート

あなたは 深夜の コンビニで わたしは ...

本牧ららばい

想い出さえも 吹き飛ばす 本牧埠頭の  ...

青春のたまり場

純愛がぶつかれば 時に傷つけ その後で ...

井の頭線

永福町で電車が停まる 急行の待ち合わせ ...

サンゴ草の詩

北の最果て 能取湖(のとろこ)の 短い ...

ひらめきも ときめきも

悲しいドラマにすっかり飽きてしまい コ ...

夜桜蝶々

十五で覚えた ため息は 二十歳のときに ...

泣かせ屋

月に向かって 歩いたら 袋小路の ゆき ...

濡れた瞳

昨日 大人に扱われ 今日は 子供と捨て ...